妻が内緒でした借金を返済する義務はあるのか?

MENU

妻が内緒でした借金を返済する義務はあるのか?

 

妻の借金を返済する義務はあるのか?

自分の妻が内緒で借金を作っていて、ある日金融会社から請求の電話があったとしたら、とても悲しい気持ちになるでしょう。

 

同時に支払わなくてはいけないのかと心配になる人も多いかもしれませんが、夫婦であっても法的には第三者となるため、基本的には支払う義務というものはありません

 

本来は契約した者の個人が支払う義務であり、連帯保証人などに記名をしていない場合は、夫婦や親子であっても請求することもできなければ、支払う義務もないからです。

 

ただし、婚姻期間において生まれた財産は、離婚後に共有財産として分割する必要があるため、離婚調停中に発覚した借金があった場合は分与の対象になる可能性があります。

 

とはいえ、何でも共有財産にするには無理があり、例えば個人の遊興費などで散在していたという場合は、その証明さえできれば勝手な借金によるものだと認められますし、逆に生活費を工面するために借金していたのであれば共有財産として認められるようになります。

 

共有財産の分与をする割合は夫婦で話し合ってから決めるのが一般的なので、冷静に使用した目的を問いただしてから決めるようにしなくてはいけません。

 

また、自分に無断で保証契約書に記名や押印されていた場合は、判明してから速やかに支払い義務がないことを申し出れば無効にすることができます

 

最近では貸金業もこういったトラブルを回避するために、厳しい審査を行っていますが、万が一にも審査が通ると保証人にされていたということもあるので注意しなくてはいけません。