取り立てから逃げる方法

MENU

取り立てから逃げる方法

借金取り立てから逃れる方法

取り立てから逃げる方法

 

恐ろしい借金の取立てから、何とかして逃げたい」―そう思いつめているかたは数多くいます

 

そこで、借金の取立てから逃れるいい方法をお教えします

 

どんな取立てをされるの?

 

・金融会社による苛烈な取立てが社会問題になったことで、取締りが厳しくなりました。現在は、金融会社は貸金業規制法(貸金業法)という法律で決められた方法でしか取立てができません

 

・返済が滞ると、まずは債務者のケイタイへ電話します。次に自宅へ催促状を発送します。それでも返済されない場合は自宅へ電話し、最終的には自宅訪問します。

 

・最初にケイタイへ電話した段階できちんと応対し返済する旨を告げると、自宅への電話や手紙での通告はありません。基本的に勤務先への電話や訪問などはしません

 

・「この程度ならゆるいから、借金をごまかして逃げることができるかも・・・」そんな風に考える債務者もいるかもしれませんが、貸金業者もそこはプロ。債務者の心理を揺さぶる方法を熟知しています。執拗な取立てが嫌であれば、約束どおり返済するのが一番です

 

違法な取立て

 

・現在は貸金業法によって厳しい取立てはできなくなりましたが、業者によっては今でも酷い取立てを行っている会社があります。こういった取立て行為は全て違法です。

 

・正当な理由もなく午後9時〜午前8時の時間帯に電話したりFAXを送ったり、自宅を訪問して催促することは違法行為です。これは債務者へだけでなく保証人に対しても当てはまります。ただし、上記以外の時間帯にどうしても債務者と連絡がつかない場合は除外されます。それに“正当な理由”の内容については、法律で厳命に決められてはいないので注意が必要です。

 

・債務者以外の人に、債務者の借金について教えることは違法行為にあたります。つまり、債務者の職場を訪問したり、家に借金についてのビラを貼ったり、債務者の家族や周辺の人に代わりに借金を返済するよう迫ることは、全て違法なのです。これに違反した業者は、罰則の対象になります

 

・大半の業者が法律を守っていますが、法律スレスレの方法でたくみに返済させようとする業者もいます。もしも威圧的な方法で取り立てをされたら、どうすればよいのでしょうか?

 

取立てから逃れる方法

 

・取立てから逃れる一番いい方法は、「受任通知」を送ることです。これは、弁護士や司法書士が「債務者に代わって今後は私(弁護士・司法書士)が窓口になりますよ」ということを知らせる通知書です。

 

・これは驚異的な威力を持つ文書なので、これを送られた金融会社は今後いっさい債務者に取り立てをすることができなくなります

 

・この通知書は、借金問題を解決している弁護士に相談すればすぐに送ってもらえます。取立てに悩んでいるかたは、ぜひ相談することをおススメします