借金があり離婚した場合、その借金は誰が負担するの?夫妻の負担割合は?

MENU

借金があり離婚した場合、その借金は誰が負担するの?夫妻の負担割合は?

借金があり離婚した場合、その借金は誰が負担するの?夫妻の負担割合は?

夫妻の負担割合は?

 

「離婚したいけど借金がある場合、どちらが借金を払えばいいの?

 

こんなお悩みをかかえているかたのために、夫婦の借金負担の割合を調べてみました。

 

相手の借金は支払う必要なし!

 

・離婚するときには、夫婦は共有財産をキッチリ二等分に分与します。したがって婚姻中に借金があった場合も、マイナスの財産として半分に分けてそれぞれ支払いの義務があるように勘違いをしてしまうことがあります。

 

・しかし借金というものは、基本的に個人名義です。ですので夫(妻)が知らないうちに多額の借金を背負い、その状態で離婚する場合は配偶者には支払いの義務がありません

 

・この場合の「配偶者に黙ってした借金」とは、あくまでも夫(妻)が一人で使うために借りたお金のことです。例えば夫がギャンブルにはまったり、妻が高級ブランド品などを買うためにした借金のことです。

 

日常家事債務なら支払い義務あり

 

・しかし、いくら夫(妻)が内緒でした借金であっても、その内容によっては配偶者にも支払い義務が生じる場合があります。それが「日常家事債務」と呼ばれる借金です。

 

・日常家事債務とは、夫婦が日常の生活を維持するためにした借金のことです。主に該当するものに二人で住んでいた家の家賃や、電気・ガス・水道などの光熱費衣類や雑貨などの購入費用、食費、子供の養育費・教育費家財道具電化製品医療費娯楽費などがあります。

 

・借りたお金の使い道が上記のものであれば、離婚の際マイナスの財産と見なされ平等に分配されます。すなわち、配偶者にも支払い義務が生じるのです。夫(妻)が黙ってしていた借金であっても、そのお金で充分な暮らしをしていたのですから当然と言えるでしょう。

 

住宅ローンファミリーカーのローンが残っていた場合も同様に、二人で分割して返済する必要があります。

 

負担割合はどのくらい?

 

・しかし実際に離婚となった場合、平等に返済義務があったとしてもお互いの収入の違いなどでキレイに二分割することが難しいこともあります。それに、どの範囲までが日常家事債務で、どの部分が夫(妻)個人がした借金なのか判断が困難な場合も多数あります。

 

・その場合はやはり、離婚の財産分与に詳しい弁護士か、借金問題を専門に扱う司法書士などの専門家の意見を仰ぐのがいいでしょう

 

・弁護士の判断でお互いの負担割合がわかりますし、返済が困難であれば任意整理や自己破産などで借金問題も解決してもらえます。ちなみに、自己破産をしても子供の養育費の支払い義務は免除されません。養育費は負債ではなく、子供の生存に関わる費用と考えられるからです。