借金ある人と結婚した場合返済義務があるの?

MENU

借金ある人と結婚した場合返済義務があるの?

借金ある人と結婚した場合、その借金は自分も返済義務があるの?

 

幸せな結婚をしたはずなのに、夫(妻)に多額の借金があることが発覚!
では、その借金は自分にも返済義務があるのでしょうか?調べてみました。

 

返済義務はない!

借金ある人と結婚した場合返済義務があるの?

・基本的に、たとえ配偶者であっても夫(妻)名義の借金に対しては、いっさいの返済義務はありません。安心しましょう

 

「夫婦は家族なんだから、妻(夫)のあなたが代わりに返済してください」などと言って返済を迫る金融業者がいますが、これは違法行為ですので断じて返済の必要はありません。

 

・しかし、もしも夫(妻)の借金の保証人になっていた場合は話しが別で、これに対しては配偶者も返済の義務が生じます。たまに「勝手に夫(妻)の連帯保証人にされていて、取り立て屋から請求された」という話がありますが、この場合無断で保証人にされたことになるので、保証契約は無効となり支払う義務はありません。

 

・ただし、業者の催促に負けて夫(妻)の借金を肩代わりしてしまうと、「返済の意志がある」と見なされてしまいます。同じように勝手に保証人にされていた場合も、そのことを知っていたにも関わらず申し出もせずに放置したり一度でも支払ってしまうと保証契約を認めたことになるので、注意が必要です。

 

日常家事債務って何?

 

・実は、夫(妻)が勝手にした借金であっても、配偶者に支払い義務が生じるケースもあります。それが「日常家事債務」です。

 

・日常家事債務とは、借金の使い道が夫婦で普段使っているものやサービスなどに充てられていた場合を指します。例えば、夫婦で暮らす家の家賃や日常の食費などの生活必需品、電気・ガス・水道などの光熱費医療費や子供の教育費などです。また、洋服や化粧品などの被服費なども含まれます。

 

・もしも夫(妻)がした借金が上記に使われていた場合は、配偶者である自分にも返済の義務があります。自分も夫(妻)が借りたお金で充分な暮らしをしていたのですから、そのお金を返すのは当然だといえます。夫(妻)名義の借金で自分に返済義務がないのは、例えば夫(妻)がギャンブルや自分だけの趣味などの遊興費に使っていた場合などです

 

・夫(妻)のした借金が独身時代のものであるならば、配偶者にはもちろん返済義務はありません。しかし、もしそれが結婚式や新婚旅行のための資金として借りたのであれば、自分にも関係があるといえます。

 

返済義務があるかどうか?

 

・しかし、日常家事債務の定義は曖昧です。借金がどの程度まで日常家事債務にあたるのかどうかは、法律の専門家の判断に委ねたほうがより正確です。

 

・法律の専門家である弁護士に相談すれば、債務のうちどこまでが夫(妻)だけの借金で、どこまでが日常家事債務で自分でも支払わなければならないのか、きちんと分区分けしてくれます。夫(妻)に借金が発覚したかたは、一人で悩まずにぜひ一度弁護士に相談することをおススメいたします