借金相談弁護士

MENU

借金返したいがお金ない時の対処方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

借金を返したいがお金がない、こんな状況に陥ってしまった時どうしますか?まず避けなければならないのは、何も手を打たずにその状況をほったらかしてしまうことです。中には悪質な金融業者もいるので取り立てがしつこかったり家や職場にまで押しかけてきたりするケースもあります。借金問題は犯罪という最悪のケースに発展することも考えられます。

 

借金を返したいがお金がない、先々の返済の見込みが立たないという状況に陥ったら、とにかく弁護士に相談することです。早い時期に何かしらの対処をすることが求められますが、専門知識もない一般人にとっては、正しい判断を下すことができないこともあります。なので、借金問題の取り扱いを得意とする弁護士に依頼して債務整理することが最善の解決への道となるのです。

 

1. 任意整理をする

 

弁護士に依頼をすると、借金の金額や返済能力に応じて最も負担が軽くなる方法で法的な手続きにより借金問題を解決することができます。借金を整理して減額、または帳消しにする債務手続きの方法の一つが任意整理です。弁護士のような専門家が裁判所を介さずに金融業者との間に立って交渉をし、借金を減額したり過払い金を請求をするのです。

 

借金返すお金がなくても、借金が減額されるため負担が軽減されるという利点があります。金融業者からの取り立てがすぐに無くなり、借金の一部だけを整理できるため、自動車ローンなどは今まで通り返済を続けていくことができます。裁判所を介さないので、表沙汰にならずに済むという利点もあります。また過払い金も取り戻せるかもしれません。

 

しかし、この方法はあくまでも弁護士と金融業者との交渉によるものなので、相手が条件に応じない可能性もあります。最近では経済状況により金融業者との交渉もかなり難しいものがあるようです。

 

2. 個人再生をする

 

債務整理はとても面倒な手続きを伴うので、一体どの方法が自分にとって最善なのかを判断するのは非常に困難な作業になります。そこで借金を返済するお金がないときは、まずはネットで弁護士を探し出して相談することです。裁判所を介して債務者の収入額や借入金額、返済の見込みなどを調べて借金を減額する債務整理の方法が個人再生です。手続きは非常に複雑であるため、弁護士に頼むのが得策です。

 

原則として残額分は3年以内に返済しなければなりませんが、生活費にいくらか余裕のある状態で返済計画を組めるという利点があります。金融業者からの取り立てはすぐに止まり、住宅ローンは今まで通りに債務整理ができるのも利点です。ただし、住宅ローンは減額の対象にはなりません。

 

欠点は誰にでも適用できないということです。収入が安定的でないと3年間の返済計画が立てられないことや、ブラックリストに載るので5年〜7年の間は新たな借金はできないといったこともあります。

 

3. 自己破産をする

 

借金を返すお金がない。これからの生活が全く見通せないという状況に陥ってしまったら、手元に最低限必要な財産だけを残して、あとは借金の返済に全てを充て清算することができます。任意整理や個人再生ではどうにもならない人に残された債務整理の方法が自己破産です。自己破産は借金で苦しむ人を助けるために国が策定した方法です。保証人以外の人には全く迷惑をかけることがありません。家族が代わりに借金の返済を迫られることもありません。

 

借金がなくなるという利点はありますが、官報やブラックリストや官報に載ることになるので気をつけなければなりません。それによって7年間ほどは新たな借金ができなかったり、クレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。弁護士や司法書士、税理士などの資格保持者の場合は資格制限の対象となり資格を喪失することになります。また、ギャンブルなどが借金の理由になっている場合はこの方法はとれませんので注意が必要です。

 

保証人に対しては借金の保証債務が求められるので、その人に限っては大変な迷惑を掛かてしまうことになります。

 

4. 債務整理をするにはどうしたらいいの?

 

債務整理を行いたいと思ったら、まず専門家への相談をおすすめします。任意整理や個人再生、自己破産などの手続きを円滑に進めるには専門的な知識が求められため、しくじると借金の減額や清算がうまくいかない可能性もあります。とはいえ弁護士費用はいかにも高くつきそうな印象がありますよね。そのような心配を持っている人はネットで弁護士を検索してみましょう。

 

最近では無料で初回相談を受けているところもかなり増えてきています。着手金無料、また秘密厳守で借金問題を解決できるなど様々な利点もあります。自力で借金問題に当たろうとしても、相手の金融業者が直接交渉に応じてくれる可能性はかなり低いのです。個人が相手だとなると金融業者も強い態度で応じてきますので、期待する結果を得られる可能性はゼロに等しいと言えるでしょう。

 

なので、借金返済のお金がない場合は、とりあえず弁護士に相談してみるのが得策なのです。豊富な実績を持ち借金問題を得意とする弁護士を探し出して、まずは初回相談を申し込んでみましょう。早期解決のためには一刻でも早く行動に移すことが重要なポイントなのです。