借金相談弁護士 いくらあるか確認する

MENU

自分の借金が現在いくらあるか確認する方法

何社からも借金をしているいわゆる多重債務者の状態では
借金が合計でいくらあるのかが自分でもわからなくなってしまうことがあります。

 

このように毎月返済に追われてしまい借金の総額を把握していないようでは
実際の返済額より多く返済をしてしまう場合があります。

 

ここで一番注意しなければならないのが金利である。借金が膨らみしかたな
く闇金と呼ばれるような金融業者から借金をしてしまうと利息が法外になってしまいます。

 

そうなると返済が大変なのはもちろんのこと、取り立てで日常生活に支障をきたす可能性も
十分にかんがえられます。

 

誰に相談するのが一番良いのか?

 

借金の正確な金額を把握するのには弁護士に
相談するのが一番いいです。

 

ここで弁護士に相談する方法をご紹介します。

 

何故弁護士に相談がおすすめなのか?

 

借金ときくとネガティブなイメージをもつ人が多いと思いますが、
車のローンや住宅ローンお借金の一種に数えられます。

 

借金をしている人の多くはこれに当てはまると思います。銀行や消費者金融からお金を借りる場合に
理由は個人個人で全く違いますが、返済に一度つまずいてしまうと、

 

お金の返済のために他の金融機関から借金をしてしまうような悪循環に陥ってしまいます。
借金の総額がわからなくなってしまうことも多々あります。

 

借金返済の第一ステップは借金がいくらなのかを把握するところからです。

 

債務整理の際にも借金の総額は必要となるので借金の把握は必要不可欠です。
借金をしている金融会社が一つではない場合にはそれぞれに問い合わせをしないとわかりません。

 

通常は信用情報の開示請求をすれば借金総額と借金の借り先がわかります。

 

返済済みの場合でも5年以内ならば名前はのこっているので調べられます。

 

借金相談に強い弁護士の見つけ方

 

次にネットで弁護士を探しましょう。先ほども記述しましたが借金の総額を把握するには
信用情報の開示が必要になります。

 

しかし一般の人には開示するために何をすればいいかわからないと思います。

 

借金の返済に困ったとき債務整理を検討するのも選択肢の一つです。

 

借金問題はまず専門家の弁護士に相談しましょう。
弁護士もひとそれぞれ得意分野は違うので、借金が得意な弁護士をネットで検索するのが早いです。

 

弁護士事務所では初回無料相談を行っていますので、
必要な弁護士費用もそこで問い合わせて把握しておくのがいいでしょう。

 

当サイトがおすすめする、匿名で複数の弁護士に相談できるサイト

 

街角法律相談所

 

複数の金融機関から借金をしてしまうと、それぞれの金融機関で返済額や返済日が違ってくるのでそれを管理するのは骨が折れます。管理しているうちに返済額がわからなくなってしまうでしょう。請求書などを集めていたとしても、それでは不十分です。借金の管理や調査を自分一人でするのは大変でストレスもたまります。弁護士に相談する場合に事前に借金の総額を把握していた方が話がスムーズに進みますが、何かの理由から自分で調査できない場合はしていなくても全く問題ありません。調査には専門家の知識が必要になる場合がありますので弁護士に相談しましょう。
 次に信用情報機関でわかる情報について。借金の総額を知りたい場合は信用情報の開示が必要になります。多重債務者は借金が複雑になっているので金利が違法かどうかなどがわからなくなっているでしょう。信用情報機関とは借り入れに関するjプ方が登録されている場所です。信用情報機関でわかるのは借りている金融会社、カード会社の名前、借金総額や限度額、直近2年の返済状況がわかります。借金残額がひとめでわかるのがメリットと言えるでしょう。信用情報の開示はネットや郵送で開示することもできます。信用情報期間は合計で3つあります。消費者系列、銀行系列、信販カード系列です。借金ごとに情報開示依頼する相手が違うので弁護士に頼むのが一番ですが個人でやる場合には十分気をつけましょう。
信用情報機関でわからない借金について。借金は借りた先によって調査の方法が違います。消費者金融や銀行などは信用情報の開示をすれば状況の把握ができますが、それでは把握しきれない借金も存在します。借金の残額を正確に把握するためには見落とさないように注意してチェックしなければなりません。このような借金の一例として、母子福祉資金貸付金や生活福祉金、奨学金などは信用情報にはのらないため注意してください。お金を貸している団体が信用情報機関に加盟している場合のみ情報を共有することができるので覚えておきましょう。
最後に多くの人が借金の全体像を見落としてしまう原因について。金融機関や銀行以外の借金のうち友達や家族などから個人的に借金をしている場合も本人が把握していないと調査ができません。借金をすることは手軽にできてしまいますが、借金は使い方を間違えてしまうと恐ろしいもので、一度借金地獄に陥ってしまうとなかなか抜け出すことはできません。借金は金銭的な問題だけでなく生活に影響を与えます。家族に見放され、家を失ってしまうなど、人生が変わってしまう大きな問題です。借金問題の解決には弁護士に相談するのが一番安心で安全です。