借金の年利相場はどの程度?

MENU

借金の年利相場はどの程度?

1. 借金の年利ってとても高いという印象をお持ちではありませんか?元金をなかなか減らす事ができず、いつまで経っても金利だけを支払い続けていうという方も少なくはありません。ですが、毎日の生活の中でどうしても借金をしないといけない事という事はありますよね。マイホームの購入/車のローンなども立派な借金ですので、とても身近な事です。そこで大切なのは、借金をする時の心構えです。昨今はコンビニのATMから手軽にキャッシングができるようになりました。その為学生や主婦など収入が少ない人でも借金をする機会が増えているのです。そこで後々になってトラブルを起こさない為にも、借金の金利について知っておきましょう。 金利相場の上限についてですが、借金は手軽にできても、返済をするのは決して楽な事ではありません。したがって、事前に知っておきたいのは借金の年利相場です。現在は利息制限法により金利相場の上限が20%と定められております。以前は業者によって金利を変えて、悪質な闇金では年利が100%などと言うありえない請求をすることもありましたが、こういったトラブルを避ける為に作られたのが利息制限法です。この上限20%という金利は個人間の借金にも適用されるので、あなたの友達同士の気軽な貸し借りの際にも参考にしてくださいね。借金をするときの目安が金利が20%ですので、これ以上の金利を請求する業者は違法な可能性が高いので注意が必要です。多重債務者の場合は通常の金融機関から借金ができない為、どうしても違法業者から借り入れをする事が余儀なくされる事があります。20%以上の金利はとても危険水準で、返済をするのは至難の業です。違法金利を防ぐ為に作られた法律に基づき、安心して借り入れができる業者を選ぶことが極めて重要です。ネットで金融業者を比較して、信頼できるところを探しましょう。 大手の消費者金融の金利についてですが、メディアで宣伝されるような大手の消費者金融は金利がいくらぐらいなのか、早速何社か比較してみましょう。知名度の高い会社が多い消費者金融ですが、かつては金利も高くトラブルになる事も多かったのです。現在では学生さんや女性専用ローンなどの多様な商品が増え、誰でも簡単に借金が出来る様になりました。金利はアコムの場合4.7?18%、アイフルが4.5%?18%、モビットが3.0%?18%、レイクが4.5%?18%となっております。このように比較してみると、どこの消費者金融も最高金利が18%前後になっている事がわかります。年利に違いがあるのは、借入額によって異なるためです。大きな金額で借り入れをする場合は金利が低く、少額の借り入れのほうが金利が高く設定されているのです。また借金をするのが初めてという方も最高利息となる18%が適用される傾向がにあります。金利を低く借金をするためには、借りた後に確実に期日を守って返済を続けることです。信頼関係を築くと金利が優遇される場合もあります。カードローンの金利については、大手の都市銀行など金融機関で借金をする事は審査も厳しく多重債務者などは借り入れをするのが大変難しい事が問題です。気になるのは銀行のカードローンの金利ですが、三菱東京UFJ銀行のカードローンは金利が4.6%?14.6%、みずほ銀行は4.0%?14.0%、三井住友銀行は4.0%?14.5%、オリックス銀行は3.0%?17.8%となっています。消費者金融と銀行を比較すると、年利相場は4%ほど違いがある事がわかります。そのため貸付の際の審査も銀行のほうが厳しいという傾向にあります。低金利で借金をするならば銀行系のカードローンが一番お得なのですが、審査基準を考慮すると利便性の高い消費者金融も大変人気がありますよね。お金を借りる方法は多種多様で、ブラックリスト者でも借りる事が出来たり、多重債務者も可能など、誰でも借金ができるような広告を出している業者には当然ですが十分注意が必要です。債務者の弱みに付け込み、法外な金利を請求してくるというのはドラマのみに限った事ではありません。金利の計算方法/借金をする時に忘れてはいけないのが金利。自分が借りた金額以外にいくらの利息が付くのか、簡単な計算式を覚えておく事が重要です。計算方法は元金x金利x借りた日数÷365=利息額 この計算式で算出できます。金利は一年間借りた場合の利息として表示されていますので、1か月間借りた場合は当然利息が安くなる計算になります。例えば金利が20%で100万円を30日間借りた場合です。金利の計算式は100万円x20%x30日÷365=16,348円となります。元々の100万円に利息分の16,438円を合計した1,016,438円が返済合計額になります。借り入れ額が多いほど、金利は低くなりますので逆に少額でも利息が高く感じることもありますよね、この様な金利相場は個人間の借金でも有効とされていることをご存じない方も多いのではないでしょうか。友人関係にあるとついつい金利無しでお金を借りる方もいると思いますが、貸す側が金利はなくて問題ないという意思表示をしない以上は、この法律で定められた金利上限が適用される事になります。個人間で借金をした場合も、トラブルを避ける為には仰々しいと思いますが、借用書などを作成したほうが安心ですね。   必須