借金相談弁護士

MENU

借金する時の言い訳で使える文言

もしもあなたが誰かに借金をするとしたら、まずどんな言い訳をするでしょうか?

 

生活費や医療費といった最低限必要なお金を用立てるのならまだ良いのですが、
ギャンブルや趣味などの借金だったら家族に正直に話すことなんてできないでしょう。

 

借金をした理由次第では、最悪家庭崩壊の危機に陥ってしまうことだってあります。

 

ではどのような理由だったら借金をしても仕方がない、
と思ってもらえるのでしょうか。

 

借金をする人にはいくつか特徴があります。性格による原因が多く、
その大半が金銭管理があまり得意ではない人です。

 

そこで、借金の言い訳をする時に使えそうな理由や言葉について調べてみました。
「万が一」の時に参考にしてください。

 

生活費の支払い

 

借金の言い訳で多いのが「生活費」を工面するためです。
光熱費や食費、家賃などの支払ができなくてやむを得ず借金をする人も少なくありません。

 

借金と一言でいっても、数百円、数千円から多くて数百万円などと金額もピンキリです。
しょっちゅう友達や家族から個人的にお金を借りている人は、2〜3万円くらいなら簡単に
借りられるだろうと甘く考えているので、一度や二度で済まず何度も借金をしてしまいます。

 

「電気代を滞納していて、今月中にも電気を止められてしまうかもしれない」と借金を頼んだ
人に対してプレッシャーをかけてくる手口です。

 

本当はパチンコに行きたいのに、そんなことを正直に話したら誰も
お金を貸してくれる訳がありません。

 

このような人は、まず生活費が足りないという嘘で借金の言い訳をして、
少しずつ色々な人からお金を借りる傾向があります。

 

そして一度でもお金を貸してくれた人に対しては、その後何度も無心
してくるかもしれません。

 

たかられたくないのであれば、最初から貸せない!ときっぱりと断ることが大切です。

 

昔から「金の切れ目が縁の切れ目」と言われていますが、借金は本人だけでなく、
周りの人をも巻き込んでしまう重大な問題なのです。
言い訳をしてまで借金をしようとしている人には、くれぐれも気を付けましょう。

 

リストラされた

 

借金の言い訳でもう一つよく聞くのが「リストラ」によるものです。
失業して収入がなくなったので、生活費を賄うために借金をしたいという理由です。

 

世間で実際に勤務先からリストラされてしまった人というのは、決して少なくはありません。

 

また、リストラまではいかなくても、給料がカットされてしまったり、派遣やアルバイトの
非正規雇用で毎月の収入が安定していない人も少なくありません。

 

このような人は、安定した生活をおくることができずに苦しんでいることも多いのです。
苦しい生活から抜け出すために、消費者金融でそれなりのお金を借りて人生を立て直そうと思い立っても、軽い気持ちで借金をしたら大変な事になってしまいます。
消費者金融で借りたお金は金利が高いので、何度返済をしても利息分にしかならずに、いつまでも元本の金額が減ることはないのです。

 

借金の言い訳として、給料を減らされたのでお金を借してほしいと言われたら、友達や家族ならつい同情して貸してあげたくなりますよね。
でもそれが遊ぶためのお金だったとしたら、びた一文貸してはいけません。
借金の常習犯は、毎回何かしらの理由をつけて、あの手この手でお金を借りようとしています。
金銭的な計画性がなく、目先の事だけしか考えていないと、借金地獄に陥ってしまうのは火を見るよりも明らかです。
たとえ友達や家族であっても、お金の貸し借りは慎重にならないといけません。

 

生活水準が下げられない

 

消費者金融で借金をする人の1/3の借入理由が「生活費のため」だといわれています。
生活費は毎月大体同じような金額なので、家計のやりくりなんてそんなに難しくないはずです。
それなのに収支がマイナスになってしまうのは、収入が減ってしまったことが原因です。

 

ところが言い訳をしてまで借金をするような人に共通しているのは、収入が減ってしまっても生活水準をそれに合わせることができないということです。
何も変わらず外食をしたり、電気はつけっぱなし、水は出しっぱなしの生活をして、
趣味やショッピングに好きなだけお金を使うなどと、節約なんて言葉は知らないのです。

 

日本は他の国に比べて失業率は非常に低いのですが、無職でもないのに借金をしてしまう人が少なくありません。
収入に生活水準があっていないと、必ずどこかで帳尻を合わせなければならないのです。
その方法が「節約をすれば良い」ではなく「借金をすれば良い」というように、あまりよく考えていない人は金銭トラブルを起こしやすいのです。
生活費がないから借金をする、という言い訳は一見もっともな理由のように思えますが、生活費がないのは金銭管理能力がないから、というのが最大の原因なのです。
借金でお金を工面すれば解決できる、という甘い考えは大変危険なことなのです。

 

借金する人の共通点

 

あれこれ言い訳をしながら借金を重ねてしまう人には共通点があります。
まずは、物事を我慢できない性格であるということです。

 

そのような人は、欲しいものがあったらすぐ手にいれて、食べたいと思ったものは我慢せずにいつでも、なんでも食べてしまいます。
そして節約ができないので、給料日前になると貯金が底をつき財布も空になって、消費者金融や友達からお金を借りてしまいます。
借金癖がある人というのは、給料が入ったら後先考えずすぐにパーッと使ってしまうような生活をしています。

 

給料日直後に光熱費など、その月に必要な分のお金をちゃんと分けておかないので、後で大変ことになってしまいます。

 

また借金をする人の特徴として、見栄っ張りな人が多いのも共通点の一つにあります。
周りからリッチな生活をしてると思われたい。

 

そのためなら借金をしてでも生活水準の高い生活をしたい、と思う人も結構いるのです。

 

最近は消費者金融でも手軽にキャッシングができますが、学生や主婦など収入が少ない人でも
ATMを使って簡単に借金ができてしまいます。

 

手軽にお金を借りることができるのは良いのですが、
その一方で簡単に借金地獄に陥る危険性が高くなっているとも言えます。

 

新しい借金の言い訳を考えながらお金を借り続けるより、まずはちゃんとした金銭感覚を身につけることが大切なのです。