借金があっても就職や転職は出来る?

MENU

借金があっても就職や転職は出来る?

少しでも収入額を増やし、債務の返済に充てたいと考えていっる人は多いと思います。
収入を増やすには副業をしたり、転職をしたりする方法がありますが、債務の存在が就職に不利になるのではないかと気になっていませんか。期待の収入源も就職の際には様々なリスクを減らさないと、限られてしまうかもしれません。
 お金の借り入れをするには、銀行やカードローン、消費者金融のような一般的なものから闇金や街金などいろいろなところから借り入れすることができます。一般的な債務にあたる車のローンは住宅のローンなどは、就職が不利になる材料にはなりません。ではその他の消費者金融などでお金の借り入れをしている場合は、どんな影響があるのでしょうか。

 

 就職と債務の裏事情について
 債務を負っていると就職が不利になるのではないかと、心配してはいませんか。しかし希望就職者の債務情報を調べるようなことは一般の企業では行っていません。
 企業側としてはその人の人間性などのほうが重要です。即戦力として活躍してくれるスキルはあるか、働くことに真面目に取り組んでくれるかなどのほうが大切ですし、債務を調べるにはそれなりの費用と時間がかかるので、個人的な金銭問題に口をだすことはまずないのです。
 債務を抱えていることが就職の不利になるということはまずありえません。しかし債務を抱えている方は、大事な収入源を失わないためにも慎重に勤務をしなければなりません。債務の返済が厳しいからといって給与の前借をお願いするなどの常識を外れた行動をとってしまうと、社内の評価につながってしまい、大事な収入源を失ってしまうことになりかねません。
 毎日真面目にはたらき安定した収入源を確保していくことで、債務の返済で行き詰ることを回避できるのです。
 就職や転職は債務を抱えていたとしても可能です。本人のやる気しだいではキャリアアップして次の道を開くこともできますよ。

 

債務が不利になる場合
 毎月問題なく債務の返済を行っている場合、就職や転職の問題になることはまずありません。
 しかし就職の際にトラブルになる場合があり、その際に影響があるゲースがあります。返済が滞っている場合です。返済期日を過ぎてしまうと、闇金や街金などの違法業者から借り入れをしている場合、債務取立てが職場までやってくることがあるのです。
 勤務している際にトラブルがあり、せっかく就職できたのにもかかわらず、会社に自分の抱える債務がばれてしまった。ということがあるので注意しておきましょう。
 それと多重債務者や多額の負債を抱えている場合にも就職が不利になる場合があります。ブラックリストに掲載されていても、まったく問題なく就職できる場合もありますので、企業によってどれほどチェックが厳しいかで違っていきます。
 真面目に働くことで収入源を少しでも増やし、できるだけ早く債務の完済ができるようにしましょう。企業に対して自分が債務を抱えていることを説明する必要はありませんし、日ごろから返済期日を守っていれば不利になるようなこともありません。

 

就職先が金融機関の場合
 就職を希望する職種によっては、債務を抱えていることが不利になる場合もあります。特に金融機関は大変厳しく、社員に対しても金銭管理は個人的な部分も行う傾向がありますので、債務を抱えていることが就職の際に問題になる可能性があるのです。
 消費者金融機関の利用やクレジットカードの利用情報など、就職希望者に負債の自己申告をさせる場合があります。このような情報は金融機関内ですぐに分かってしまいますので、虚偽の申告や債務を抱えていることをだまっていると、内定が取り消しになる場合があります。
 しかし住宅ローンや車のローンなどの一般的な債務もありますよね。負債といっても延滞しているものや多重債務などを抱えていることが金融機関の就職で問題になるのです。
 ですが個人情報のすべてをしらべることは金融機関といってもできません、必要な債務に関する情報は必ず正確に申告しましょう。負債の状況は個人信用情報機関に照会すればわかりますが、金融機関の顧客が借り入れをする際に本来確認するものです。就職希望者の詳細まで調べるのは難しい点もあります。

 

負債は年収に関係するのか
消費者金融は手軽にお金の借り入れを行うことができますが、お金の借り入れを行う場合、大きなポイントとして収入額があります。借り入れを無制限にできるわけではないのです。
 法廷で決まっている限度額になりますが、高額の借り入れをする際には、貸金業法が改正された時に総量規制ができた為、年収の1/3までという規制があります。金融業者によっては1/3をさらに下回るように限度額を設定している場合もあります。
 多重債務者の場合には、お金の借り入れをする際、収入が多くても審査が通らないこともあります。これは金融業者が審査をする際に、年収だけではなく勤務先や、勤務年数、他社からの借り入れ金額の情報やきちんと返済が行われてるかなどもチェックしているからです。
 金融業者は基本的に信頼できる顧客にしか借り入れをできないようにしています。なぜなら貸したお金をきちんと返済してもらいたいからです。しかし違法貸金業者である闇金や街金は、他の貸金業者からの借り入れを断られてしまった人や、ブラックリストにのっている人など、誰でも関係なく高い金利で貸付を行います。お金の借り入れをする際は返済計画を建てて、必ず返済できるようにすることが大切ですね。