借金相談弁護士

MENU

借金は死亡したらどうなるの?

借り主が亡くなってしまった場合、その後の債権の返済はどうなるのか
世の中には多額の債務により自殺する方も増えています。そうなると残された親族が心配になりますよね。
親族が多額の債務を残してなくなった場合、その債務の返済をする必要はなくなるのか、それとも他の人が債務の返済義務ををうことになるか。これから金融機関から借り入れをする予定のある方、または既に債務を負っている方は将来的な問題をなるべく回避したいと思います。これから債務を残して死亡した場合について解説をしたいと思います。万が一の時のために是非参考にしてくださいね。

 

負債と相続の関係
たとえば両親が債務を負った状態で亡くなってしまった場合。相続人に値する配偶者や子供は、この債務を相続し、返済をすることを義務付けられています。相続というものは、財産の受け継ぎ以外にも債務の引継ぎをしなくてはなりません。相続と聞くとプラスのイメージがあるかもしれませんが、それはマイナスの遺産も引き継ぐ必要があるのです。
財産よりも負債の方が多い場合は、残された家族にこの負債を返済する必要が出てきますので、周囲の人に迷惑がかかってしまう場合があります。債務は金融機関からの借り入れだけではなく、カードローンなどの身近な方法も含まれますので、親族が亡くなった場合の財産相続は内容をしっかりと理解し、慎重に処理を行わなければなりません。しかし突然家族が亡くなった時、法定相続人である残された人は、生活をするだけでやっとという少ない収入の場合があります。このような環境で家族の多額な債務がある場合は、残された法定相続人は債務の返済をする能力はないと言えますよね。こういった時に可能な方法に「相続放棄」というものがあります。

 

相続放棄とはどういうものか
財産の相続はプラスの資産だけではなくマイナスの資産も含まれるため、債務を相続人が引き継ぐ形になってしまいます。残された家族がとても返済できるような額ではない債務を負った場合、なんとかして返済する義務から逃れたいですよね。その場合は家族がなくなった3ヶ月以内に、家庭裁判所へ相続放棄の申し立てをすることによって、債務の返済義務を負う必要をなくすことができます。
しかし家族に債務があることを黙っている場合があり、亡くなった後で債務が発見されるケースも少なからずあります。
債務の相続をしたくない場合は、できるだけ早く相続放棄を行いましょう。
財産放棄は複雑な手続きなので法律の専門家である弁護士に相談することをオススメします。
そして、相続放棄には限定承認と呼ばれる方法もあります。
限定承認は負債の相続はせずに財産の相続ができる安全な方法といわれています。限定承認は相続した財産の中から債務を返済し、債務が残った場合は、相続人が返済する必要がなくなる方法です。この相続も3ヶ月以内に家庭裁判所へ届け出る手続きが必要になります。
家族が亡くなった場合、葬儀や相続などで心労やストレスがたまってしまうと思います。そういった場合は弁護士に依頼することで、精神的な負担を少なくし、手続きを正確に進めることができます。

 

全員が財産の相続放棄をした場合どうなるか

 

相続は債務というマイナスの財産も含まれます。マイナスの財産を相続したくない場合、相続放棄をすることで、同時にプラスの資産を引き継ずに債務の返済義務から逃れることができます。しかし相続する権利がある配偶者や子供などの全員が相続の放棄を行った場合、債務の返済義務は保障契約上では残っています。このような場合債務をする際に保証人になった人が返済義務を負うことになります。もし債務の額が高額で保証人の返済可能な額を大幅に超えてしまっている場合は、保証人が個人再生や自己破産などのさいむ手続きをするしか、債務から逃れる方法がなくなってしまう場合もあります。債務を残した状態で亡くなってしまった場合、場合によって誰がその債務をひきつぐのかが変わってしまい、ドラブルの原因になってしまいます。そういった場合を避けるためにも弁護士にすぐ相談することにしましょう。

 

貸主が亡くなってしまった場合はどうなるのか。
債務者が亡くなってしまう事以外にも、貸主が死亡してしまう場合があります。
勘違いしてしまう方も多いのですが、債務の返済中に貸主が死亡してしまった場合には、債務の返済義務はなくなってしまうということはありません。債権者が死亡しても、その家族や親族が債権者の財産を相続すれば、返済する義務が発生します。貸主の財産を相続する家族が相続放棄をしない限りは債権もそのまま維持されるという事です。
しかしこのような場合は金銭トラブルが発生することがあります。相続人が配偶者一人だけの場合もありますが、子供何人にも分けて財産を分割する場合もあり、亡くなった貸主の親族一人が債務の返済を依頼されても、本当はその人以外にも債権を持っている場合があるのです。そうなってくると、とても複雑な状態になってしまいます。
このような場合はトラブルを避けるためにも弁護士に相談してみましょう。
貸主が亡くなってしまった場合には、遺産分割協辞書や遺書などを確認してから、どのような相続関係になっているのかを明確にしてから債務の返済を行わないといけません。そのためにも法律の専門家である弁護士のアドバイスが重要になってきますね。