借金相談弁護士

MENU

自分の借金がどの程度が確認する方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

1. お金を借りているのがたった1社だけならば管理するのも楽ですが、返済の為に次ぎからつぎへと借金を繰り返してしまうと、いつの間にか自分の借金が確認できなくなり自分の手に負える範囲でなくなってしまう恐れがあります。複数の業者から借り入れをしていると返済期日も異なり、支払いを忘れてしまう心配もあります。
どうしてもお金で借金をせざるを得ない状況に陥る場合もあるかもしれませんが、借金をして返済するのは個人の責任です。
最悪のケースを回避するためには、まず現在の借金状況を正しく把握することが必要です。では誰に問い合わせをしたらいいのか?借金している業者が多いほど確認するのは手間と時間がかかります。そこではじめに相談したいのが弁護士なのです。

 

借金の確認方法について 
借金をするなら、まず自分の借入額を把握しておくことが基本ですが、人によっては何社からも借り入れをしている場合があります。それぞれの金融業者で異なる利率や返済期日、返済額などをしっかり把握しておかないと、利息が膨らみ返済ができず借金トラブルの原因になりますよね。そこでもし借金の確認が必要だと感じた場合はどのように調べればよいのでしょうか。
借り入れ先がわかっている場合は、毎月の請求書などで詳細をそれぞれ確認することができますし、金融業者に問い合わせることで取引履歴を閲覧することも可能です。この際は取引履歴開示請求書に記入をして、身分証明などのコピーを添付し借入先に提出するか、郵送で送り取引履歴の閲覧を依頼します。
しかし借金は相手先がどこかわからない場合もありますので、この際は信用情報の開示請求をする必要があります。信用情報では借り入れ先の名前、契約日と借入金額、返済額と返済期間などの詳細が確認できます。
借金はまず本人が正確に管理することが必要になりますので、借金の金額は特に慎重にこまめにチェックしておきましょう。

 

借金の確認をした後の対処 
借金の現在の残額が把握できたら、今後収入と返済のバランスを意識して生活することがまず大切です。しかし借金の総額が思ったよりも多く、高利な金利で返済が困難になった場合自分ではどうにもならなくなりますよね。
この場合は弁護士に相談をして一日も早く借金問題を解決することが必要です。弁護士に依頼をすれば借金の確認方法、サポート、アドバイスもされますので、面倒な信用情報の開示も安心して依頼できますね。借金問題の相談窓口は自治体でも行っていますが、最終的には弁護士に依頼することになりますので、はじめから手間を省くためにも弁護士に相談を持ち込んだほうが良いでしょう。借金は精神的なストレスにもなる悩みの一つ。できるだけ無視したい問題ですが、放置すればするほど利息がどんどんふくらみ、借金地獄が待っています。プライバシーに関する問題なので、知人に相談するのはなるべく避けたいですよね。弁護士ならば個人情報もしっかり守りつつ、家族に内緒で借金問題を解決できるのです。

 

家族の借金を調べる方法はある? 
家族の借金は本人は隠し通すつもりでも思わぬところから判明することがあります。配偶者や家族へおさめている生活費を変わらず渡していても、ある日突然聞いたことがないような業者から連絡がきたり、督促の手紙が送られてくる場合もあります。悪徳金融業者の場合はプライバシーに関しては全く気を使うことはありません。せっかく家族に内緒していてもすぐにばれてしまいます。もしそういった身に覚えのない手紙や連絡がきて家族が借金をしているかも?と感じたとき、勝手に家族の借金について確認する方法はあるのでしょうか。金融業者に連絡をしても、本人以外には詳細を教えてくれることはありません。家族が調べるには代理人として情報開示請求を行うことが必要になります。しかしこの際は開示対象者からの委任状が必要になり、本人に動きを察知されてしまうため完全に内緒で調べるのは簡単ではありません。
信用情報機関に問い合わせる方法もありますが、家族の場合なら確認できる可能性はありますがその額が多額だった場合やはりどうすることも出来ません。どうしても家族の借金を調べるのであれば、まずは弁護士に相談してみましょう。借金返済の計画、債務整理のアドバイスをしてもらうことも可能です。

 

多重債務になる原因とは? 
借金の確認が必要になるほど多数の借金をしている人がいます。多重債務者と呼ばれる人達は、なぜ多重債務になってしまうのでしょうか。
現在では日本人の1割の人が消費者金融を利用しているとも言われています。このように借金はとても身近になり、昔より簡単にお金を借りられるようになりましたが同時にトラブルを抱えてしまう方も少なくありません。消費者金融を5社以上利用している人が多重債務者と呼ばれていますが、5社に満たなくとも2社以上から借り入れしている人は非常に多いのです。この借金問題になる原因は本人の金銭感覚によることが多いのですが、なかには連帯保証人になり債務保証するために借金する方や、生活費の補てんとして借金をする人もいます。借りたお金を娯楽として使うタイプ、もしくは返済として借金をする人は多重債務にな陥りやすいといわれています。借金は一度だけのつもりでも、利息の支払いや気の緩みなどからいつしか借金地獄にはまりやすいもの。
学生や主婦でも手軽に借金ができる時代になりましたが、借金をすることによるや万が一返済できなくなった場合のリスクを覚えお金を借りるということは多大な責任を負うことになることを覚えておきたいですね。