任意整理したのに返済できない場合は?

MENU

任意整理したのに返済できない場合は?

 

任意整理したのに返済できない場合は?

貸金業者から融資を受けたときに、指定されている期限までに返済ができないときに、多く用いられている債務整理の手続きとして任意整理があります。

 

任意整理は全ての借金の返済義務が免除されるものではなく、弁護士を代理人として借り入れ先の貸金業者と交渉をして、借金額の減額などの請求を行います。

 

従って、任意整理が成立した場合であっても、減額された借金を返済していくことになりますが、手続きを成立させたときよりも収入が下がってしまったときや、返済計画に無理があったときには完済ができなくなることも考えられます。

 

任意整理を成立させた結果として、残された借金の返済が無理になってしまったときには、新たに弁護士に依頼して自己破産を検討することが対処法となります

 

個人再生の手続きを目指す方法もありますが、個人再生の場合にも借金額を大幅に圧縮できるだけで返済義務は発生しますので、返済できなくなることをしっかりと判断する必要があります。

 

自己破産以外にも再び任意整理の交渉を行って再和解を目指す方法もありますが、この場合には1回目に手続きを依頼した法律事務所とは別のところに依頼したほうが良いと言えます。

 

再和解は難しいと感じるときには、自己破産の申し立てを裁判所に行うことで、借金の返済能力を有していないことを認めてもらえれば、免責許可を受けることができるので、抱えている全ての借金の返済義務を帳消しにすることが可能です

 

任意整理の場合には大きなデメリットはないと言えますが、自己破産を行うときには、保有している住宅や自動車などの財産を手放さなければならないことや、新規の融資を受けたいと考えても10年ほどの期間は審査を通過できないなどのデメリット面について、十分に把握しておくことが大切です。

 

また、家族などが借金の保証人になっているときには、自分自身が自己破産によって債務の返済義務を免れることができたとしても、取立が保証人である家族に行われてしまうので注意しておく必要があります