任意請求の方法と依頼するまで

MENU

任意請求の方法と依頼するまで

「任意請求」とは、借金の返済が苦しくなってしまい、とうとう支払いをすることができなくなってしまった場合に行う「任意整理」のことで、その手段のひとつとして、これまでに法廷で定められている以上の金利でお金を借りている場合に、払い過ぎてしまったお金を返してもらうことを「過払い金」と言います。当然、法律上払い過ぎてしまったお金ですので、貸金業者に返還請求をすることができます。万一、過払い金が発生している場合には、それを返還してもらい、そのお金を返済に充てるということが可能になります。とはいえ、すでに返済をしてしまったお金を返してくれる貸金業者は少ないため、法律のプロである弁護士などに依頼をする方が多いようです。もちろん、個人で返還請求することは可能ですが、百戦錬磨の貸金業者と法律の知識のない素人が交渉をしたところで、結果は目に見ていています。ほとんどの場合、うまく言いくるめられて少ないお金を渡されて泣き寝入りをする羽目になるというのが、事実のようです。しかし、法律のプロでもある弁護士などが介入することで、実際には100万円以上もの過払い金が返還されたなどという例がいくつもあります。また、任意整理や過払い金の返還請求などを弁護士に依頼すると、介入した時点で、既存の借金の返済や取り立てが止まりますので、精神的にも良い影響があります。小さなお子さんを持っていらっしゃる債務者の場合には、少しでも早く専門家に介入してもらうことをお勧めします。最近は、相談料や着手金も安くなっていて、無料で相談することができる法律事務所も多くなっていますので、まずは、一人で悩むのはなく、専門家に相談をすることが大切です。「任意整理」の手続きとは、借金の利息制限法引き直し計算による減額をした後に、将来の利息はすべてカットして、長期的に分割払いをしたり、過払い金の返還請求や親族からの援助などで、一括返済をするので借金の総額を減額してもらうなど、少しでも多重債務者の負担を軽くして、返済することを前提として交渉を行います。裁判所は、一切関与せず、債権者と弁護士の双方で話を進めていくことができます。そのため、自己破産をするよりも、比較的早く問題が解決しますし、多くの書類や手続きの準備をする必要がありません。債務整理には、「任意整理」のほかにも、「民事再生」や「自己破産」など、さまざまな方法があります。債務者の現在の収入状況や返済の状況などにもよりますが、まずは返済することを前提とし、1番に勧められる債務整理の方法です。「任意整理」を行うメリットとは、原則として、手続きが完了した後の将来の利息が免除されますので、早く完済することができるようになります。あるいは、月々の返済額の負担を軽減することができます。また、利息制限法の計算によって、債務総額が減少しまあすので、取引期間が長ければ、過払い金が返還してもらえ、それを返済に充てることができる場合もあります。また、自己破産などと比較すると自由度の高い債務整理の方法ですので、金利が高めの一部の債権者だけを整理するということも可能です。自己破産のように、資格制限がないという点でもお勧めの方法です。とはいえ、「任意整理」にも、いくつかのメリットがあります。例えば、信用情報に債務整理を行ったことが掲載されますので、いわゆるブラックリストとなってしまうため、今後約5年間はカードを作ったりローンやキャッシングなどの利用をすることができなくなります。とはいえ、他の債務整理の方法である「民事再生」や「自己破産」でも同様にブラックリストとなり、ローンを利用することはできなくなりますので、同じことです。自己破産の場合には、その期間が10年にも及びます。また、「任意整理」の場合には、返済をすることを前提としていますので、「民事再生」や「自己破産」などと比べると、債務を減額させる効果はありません。また、最大のデメリットといえば、最近は、任意整理手続きに応じない業者が増えていたり、債権者が強硬な業者の場合には、稀に和解が成立しないという場合もあります。そのため、「任意整理を」弁護士に依頼する場合には、依頼する金額よりも、これまでの解決実績や評判などを見極めたうえで依頼する必要があります。弁護士事務所に得意な分野、不得意な分野がありますので、任意整理の依頼をするのに、離婚調停などを得意とする事務所に依頼をしても、あまり意味がありません。貸金業者と交渉をするためには、これまでに何度も交渉をした経験や実績があり、過払い金返還請求などの手続きに長けている弁護士あるいは弁護士事務所でなければなりません。過払い金返還や任意整理を得意としている事務所は、公式サイトなどで、その辺を全面的にアピールしていると思いますので、まずは、そのような弁護士事務所を探したうえで相談をしてみましょう。