消費者金融の借金返済方法 弁護士に相談しましょう

MENU

消費者金融の借金返済方法 弁護士に相談しましょう

消費者金融というのは貸金業者のことですが、それは一般消費者にお金を貸すことを専門としている業者ですので、お金を借りる立場としては借りやすくて大変便利な金融機関であると言えます。しかし、確かに一連の申し込み手続きは簡単で審査の難易度も比較的低いのでお金を借りやすいのですが、決して返済までしやすいわけではありません。それどころか消費者金融は、金利は銀行などより高めに設定されているのが当たり前ですので、他の多くの金融機関からの借り入れと比べると返済は却って大変なのだと言えるのです。ここが大きな問題点なのです。
つまり消費者金融を利用するということは、お金は借りやすくて便利である反面、借りたお金を返すのは大変ですので要注意だということなのです。それでも数万円程度の少額のお金を借りているだけなら、きっと借りてもすぐに返せるので安心でしょう。そうしたキャッシングだけなら何の問題もありません。たとえば生活費が足りなくなってしまった際などに、次の給料日まで保たずに遣り繰りできなくなってしまうこともあるでしょう。そんな時、3万円程度のお金をキャッシングで借りるなら大丈夫なのです。なぜなら3万円くらいの金額であれば、次の給料日が来れば一括返済できると考えられるからです。
しかし、そんな便利で重宝する消費者金融のキャッシングも、もしも何らかの理由で借り過ぎてしまった時には要注意です。たとえば3万円なら楽に一括返済できる人でも、10倍の30万円ともなると一括では厳しくなってしまうでしょう。そうするとリボルビング返済を選択せざるを得なくなるでしょうから、借りたお金は毎月少しずつ返してゆくことになります。そうしたリボルビング返済も、毎月の返済が順調に進んでゆく限りは問題ではありません。
しかし、万一、返済中に再び金欠のピンチに見舞われてしまうと大変です。そんな時には融資枠が残っている限り追加融資を受けることになり、そんな追加融資を何度も繰り返すと、いつまで経っても返済が終わらなくなってしまいます。それだけではなくて融資枠がなくなってしまった後に金欠になれば、二件目の消費者金融からキャッシングしなければならなくなってしまいます。そうなると多重債務へと突き進んでしまうことになるのです。こうしたパターンで多重債務に陥ってしまい、最後には借金を返せなくなってしまう人は世の中に大勢いるのです。
もしも不幸にして自分がそんな困難な状態になってしまったとしたら、とりあえずは弁護士に相談すべきです。なぜなら弁護士なら法律の専門家ですので、難しい借金問題の解決方法も沢山知っているからです。しかも数多くの弁護士事務所などでは、無料相談を受け付けてくれています。せっかく相談は無料になっているのですから、それを利用しないのは実にもったいない話です。確かに弁護士事務所というと、最初は素人には何となく敷居が高く感じられて相談しにくいと感じることもあるでしょう。それに相談後、実際に債務整理などを依頼するとなると費用も気になって仕方がないかも知れません。しかしお金に困って事務所に相談に行くのですから、たとえ仕事を依頼するとしても、そんなに高額の費用など必要になるわけがありません。お金に困っている人からは相応の費用しか請求できないことなどは、弁護士事務所のほうでも百も承知しているのです。
とにかく消費者金融の借金問題で苦しんでいるような時は、自分一人で頭を抱えて悩んでいても絶対に解決できません。そのようにして自分だけで問題を抱えて孤立してしまうと、むしろ解決はどんどん遠のいてしまうと考えるべきです。その意味では借金問題とは、まず第一に孤立を避けるべきだとも言えるでしょう。孤立をするとネガティブな考えばかり頭に浮かんできますし、正常な判断力も鈍くなってしまうこともあり、最悪の場合、闇金のような悪徳金融に騙されてしまう危険もあります。そうなると消費者金融の返済どころの問題では済まなくなってしまいます。くれぐれも孤立しないように注意しましょう。
また、いよいよ本当に債務整理を実行しなければならなくなってしまったとしたら、その際には金融事故を起こしてしまったということになりますので、まずは気持ちを落ち着けて反省しましょう。それから、どうして借金の問題で失敗してしまったのかを冷静に振り返って、二度と同じ失敗を繰り返さないように決意することも大切です。そうしてこそ失敗から見事に立ち直ることができるのであり、債務整理の手続きを行うことの意義も明確に見えてくるのです。金融事故を起こすとブラックリストに名前が載ってしまいますが、それは当事者にとっては非常に大きなデメリットなのです。しかし、そんなデメリットがあったとしても、それでも立ち直ることのメリットのほうが大きいのです。ですから一日も早く見事に立ち直るためにも、まずは弁護士に相談するところから始めてみましょう。