債務整理中の借金返済で教育ローンについて

MENU

債務整理中の借金返済で教育ローンについて

複数の貸金業者からお金を借りているという場合、返済をすることが出来ない、お金を返すためにお金を借りているという事が続くと、気が付いた時には借金が膨れ上がってしまうとい事もあります。返すことが難しいほどの借金があるという場合には、債務整理を行うことにより、返済が楽になったり返済が免除される事があります。
債務整理と言うと、自己破産という方法を思い浮かべる人も多いでしょうが、債務整理イコール自己破産ではありません。一人ひとりの状況に応じて適している手続きは異なりますので、弁護士などに相談した上で、手続きを選ぶようにしましょう。借金額にもよりますが、安定した収入を見込むことが出来るという場合であれば、多くの場合は任意整理を勧められるでしょう。任意整理は、貸金業者と交渉をして、今後発生するであろう利息の支払いを免除してもらうという手続きです。多額のお金を借りている場合、返済額に占める利息も多額になっている事があります。利息の支払いを免除してもらうことにより、返済総額を大幅に抑えることが出来る事があります。
任意整理では、利息の支払いを免除した上で支払うべき金額を算出し、それを3年から5年での完済を目指します。自己破産とは異なり、借金の支払いそのものが免除されるというわけではありませんので、安定した収入を見込むことが出来ないという場合もしくは借りている金額が莫大であり、利息の支払いが免除されたとしても3年から5年では完済することが難しいという場合には、適していない手続きであると言えます。
収入に対して借入額が大きいという場合に選択されることが多いのが、自己破産という手続きです。言葉だけは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。自己破産の手続きは裁判所に申し立てをする必要がありますが、免責が認められた場合には、借りているお金を返済する義務がなくなりますので、多額の借金から解放され、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。自己破産を行った後の生活について、不安に感じるという人もいるかもしれませんが、自己破産はあくまでも多重債務者に対する国の救済措置であり、その後の生活に大きな支障がでるという事はほとんどありません。例えば、土地や家、車、その他価値のある財産を持っているという場合には、それらを失うことになりますが、生活に必要な物品に関しては、そのまま所有し続けることが出来ます。
自己破産を検討する上で、気になるのが家族への影響ではないでしょうか。自己破産は原則として申し立てをした本人にのみ適用される手続きです。その為、例えば結婚前に配偶者名義で購入した家であったり、車である場合には、自己破産をしても、処分されることはありませんし、自己破産の申し立て者以外がローンを組むということも可能です。
注意しなければならないのは、家や車などを結婚後に取得しているという場合です。この場合、基本的には名義人の財産を判断されますが、場合によっては自己破産を行った場合に処分の対象となる可能性もありますので、注意が必要です。
自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合、その情報は信用情報機関に登録されます。そして、行った手続きにもよりますがその情報は5年から7年程度は保存されています。新たにローンやクレジットカードを作るという場合には、申し込んだ上で審査を受けることになりますが、この審査の段階で信用情報機関への登録状況が確認されます。この信用情報機関に登録されているという場合には、審査を通過することが出来ないために、自己破産を行った人は登録情報が削除されるまでの間は新たにローンを組んだり、クレジットカードを作るということは出来ません。
信用情報機関に登録されている状態で教育ローンを利用したい、住宅ローンを利用したいという場合には、申し立て者本人でなければ、利用することが出来る場合もあります。また、教育ローンではありませんが奨学金制度を教育費の補填に利用するという場合には、教育を受ける子供が借り入れの対象となりますので、親が債務整理を行っているという場合でも利用することが出来ます。
自己破産の手続きを開始してから、その結果が出るまでの期間は、一人ひとりの状況にもよっても異なりますが、平均6か月程度と言われています。借金の返済が遅れると、貸金業者から厳しい取立てや督促の連絡がある事があります。弁護士や司法書士に手続きを依頼した場合、その依頼を受任した時点で貸金業者へ受任通知書を発送します。受任通知書が貸金業者に届いた時点で督促の連絡は全てストップします。債務整理を行うことはデメリットもあります。しかし、生活を一からやり直すチャンスをもらうという大きなメリットもあります。すべての人が認められるというわけではありませんが、まずは弁護士や司法書士に相談をしてみることをおすすめします。