債務整理で相手方との交渉はどうやるの?

MENU

債務整理で相手方との交渉はどうやるの?

債務整理の交渉をする上で一番最初に行う事はクレジットカード会社や消費者金融に謝る事です。クレジットカード会社や消費者金融は金利手数料でスタッフに給与を支払っています。元本や金利手数料を支払えないということはクレジットカード会社や消費者金融としては社員に支払うお金が手に入らない事になります。そのお金を払う事が出来ないということはクレジットカード会社や消費者金融だけでなくその家族にも迷惑をかけている事になりかねません。その事を頭にに入れて真摯に謝らないといけません。
次になぜ支払えなくなったのかをクレジットカード会社や消費者金融の債権回収担当に伝えます。その際にはかなり具体的に伝える必要があります。話していく中で無駄遣いをなくしていくように話していく事が大切です。一社だけでなく数社から債権がある場合には全ての債権をアバウトで良いので、伝えていく必要があります。債務者の中には嘘をつき他社の債務を隠す人がいますが、クレジットカード会社や消費者金融は信用情報登録機関を通じて信用情報を共有しています。そのため仮にうそをついても全て分かってしまいます。仮に嘘をついた場合にはだだでさえ悪い印象がさらに悪くなります。厳しいクレジットカード会社や消費者金融の場合だと、簡易裁判所に強制執行の申し立てを行う場合があります。万が一そうなると弁護士を入れて話をするしかなくなります。裁判所としても場合によっては自己破産が認めにくくなる場合があります。
生活状況をクレジットカード会社や消費者金融の債権回収担当者と確認した後には、毎月どれくらい支払うのかを確認していきます。支払う金額ですが、基本的には金利手数料は全てカットされます。消費者金融やクレジットカード会社にもよりますが、遅延損害金のみの支払いとなります。そのため支払い総額は従来の契約の半額以下となる場合が殆どです。弁護士が入る場合には遅延損害金もカットされる場合もあります。担当者によっては、毎月どれくらい支払えるのかを確認してもらえる場合があります。クレジットカード会社によっては確認した額を基準に支払額を考えてくれる良心的なクレジットカード会社や消費者金融もあります。
借金の支払額が決まったら、クレジットカードや消費者金融と利用者との間で和解契約に関する契約書を交わします。鉛筆などではなくきちんとしたボールペンではっきりと記入する必要があります。捨印まできちんと捺印する必要があります。分からない事がある場合にはクレジットカード会社や消費者金融の債権回収担当者に詳しく確認する必要があります。和解契約を行うにも期限があるので、期限までに和解契約書を返送する必要があります。万が一期限までに和解契約書が届かない場合には厳しい場合だと強制執行になる場合があるので、注意が必要になります。
支払いに関しても通常の支払い以上に注意する必要があります。通常の支払いの場合だと数ヶ月であれば待ってもらう事も可能ですが、和解契約の場合だと支払いが遅れるとかなり厳しい措置となります。厳しいクレジットカード会社や消費者金融の場合だと一回遅延しただけでもクレジットカード会社や消費者金融から和解契約を破棄し、裁判所に訴えられる場合があります。そのため和解契約の際の支払いに関しては普段以上に注意しておく必要があります。
和解契約の支払いに関して繰り上げ返済をする事は可能となっています。繰り上げ返済をしたらその分返済が可能となるのは通常の契約と全く同じです。しかし繰り上げ返済をした後に多額のお金が必要となった場合には、通常の契約の場合だとキャッシングやカードローンで乗り切る事ができますが、和解契約となっている場合には100パーセントキャッシングやカードローンは使えません。そのため繰り上げ返済をする場合には慎重に行う必要があります。
和解契約をした場合完済してから5年程度は信用情報登録機関に情報が登録されているので、新たなクレジットカードやキャッシングの契約はできません。信用情報登録機関から信用情報が消えた場合でも、和解契約を結んだ金融機関には顧客情報が残るので、2度とクレジットカードの契約やその他のローンの契約はできません。
信用情報登録機関から信用情報が削除されたのちにクレジットカードを利用したい場合には、携帯電話の分割支払い金を割賦契約するなど比較的審査の通りやすい契約から審査を通していく必要があります。すぐに契約しようとすると信用情報が何もないためクレジットカード会社や消費者金融などは、過去に和解契約をしたのではないかと疑い契約を拒否する可能性が高いからです。携帯電話の分割支払い金を契約したのちに、消費者金融系や信販会社など比較的審査に通りやすいクレジットカードを契約すると審査に通りやすくなります。そうしないとまず審査には通過することはありません。