多重債務、おまとめローンでの注意点!

MENU

多重債務、おまとめローンでの注意点!

多重債務で借金返済が厳しいと感じるときは、おまとめローンで一本にするという方法もあります。
コツコツと返済している状態から、急に返済ができなくなる人はあまりいないものです。
例えばキャッシングの場合は、1万円、また1万円という感じで少しずつ借金が増えていきます。
少しずつ返済額が大きくなって、毎月の返済が厳しくなってくるわけです。
そのため、返済が少し厳しくなったと感じた時点で対策をすれば、債務整理を避けられることが多いです。
債務整理をすれば返済可能レベルまで借金は減額されますが、確実にブラックリストに登録されてしまいます。
すると最低5年間はローンを利用できなくなるので、今後の生活に影響することもあるでしょう。
例えばキャッシングを利用してブラックになっても、住宅ローン・自動車ローンなどは利用できません。
5年間は現金生活を設定する必要があるので、ここはよく把握しておくべきでしょう。
ブラックを避けたいなら、債務整理よりも前の段階で解決していくしかありません。
収支のバランスを見直し、節約できる部分は節約して返済金に充てるようにします。
返済において大切なのは、借入残高をいかに減らしていくかです。
例えば、毎月3万円返済しているのに、5000円しか減っていかないという方はいるでしょう。
こうした方は利息に2万5000円を支払っており、実質的に5000円しか借金が減っていません。
数百万円の借金があるような状況だと、元金があまり減らない状態は大変です。
少しでも元金を減らすためにも、節約して返済金を増やしていく必要があるでしょう。

残高が残り少ないローンがあるなら、優先的に返済をしていきましょう。
借入先が1件減るだけでも、随分と返済は楽になるものです。
実際の金額以上に精神的に楽になるので、積極的に借入先を減らしたいものです。

 

おまとめローンの利用における注意点は、今よりもお得に借りることでしょう。
確かに複数のローンを一本化するだけで、返済は今より楽になります。
ただ、せっかく一本化するのですから、今より返済額を減らすことも考えてみましょう。
低金利ローンで一本化すれば、低金利になった分だけ利息を減らすことができます。
利息が少ないと、返済した分がそれだけ元金に充当しやすいのです。
元金をたくさん減らしていくことで、残高の減額に拍車がかかります。
ローンというのは高額の借入になるほど、返済に時間がかかってしまうでしょう。
10万円なら3ヶ月で返済できるという方でも、100万円なら3年くらいかかってしまうものです。
返済期間を短くすることは利息の節約になるため、1日でも早く完済するように工夫していきましょう。
借入総額が同じだとしても、低金利ローンだと利息が減るので短期完済が可能となります。
消費者金融から借りている方なら、銀行や信金ローンに乗り換えすればかなりの確率で低金利化できます。
消費者金融の場合は15〜18%の金利が普通ですが、これが銀行や信金になると10〜15%くらいまで下がるのです。
特におまとめローンは、キャッシングと比べてやや金利が下がっているのでお得です。

 

銀行・信金ローンが消費者金融より優れている理由には法的な問題もあります。
総量規制の対象外になるので、おまとめ資金をまとめて借りやすいのです。
消費者金融だと年収の3分の1が上限となり、他の消費者金融からの借入も含めて計算されます。
そのため現在において、すでに追加融資を受けられないという方もいるでしょう。
追加で借りることができない状態なら、おまとめすることはできません。
おまとめをするからには、一時的に今までの2倍の借金をすることになるわけです。

 

おまとめローンで一本化したら、その後もコツコツと計画的に返済していきましょう。
ローン返済においては、得意・苦手がハッキリとわかれてくるものです。
ローンの利用が苦手な方に共通するのは、自分の返済能力ギリギリまで借りてしまうことでしょう。
銀行ローンに乗り換えて毎月の返済額が減れば気分的に楽になり、もう少し借りようといった甘えが生じてしまうことがあります。
お金を借りることに慣れてしまった人は、ついつい借りすぎてしまいがちです。
自分の口座から出金する感覚に陥ってしまうと、債務はあっという間に膨らんでいくでしょう。
債務を抑えるためには、借りる金額を常に抑える意識が必要なのです。
追加融資を受ける状況になったら、本当に借りる必要があるのか今一度考えてみましょう。
もし借りなくても乗り切れるなら、融資を受けないほうがいいのです。
借りたお金には利息がつくので、借りるほど総支払い利息は大きくなっていきます。
利息が大きくなると元金充当分が少なくなるので、より完済まで長期化してしまうのです。
計画的に返済するためにも、返済能力ギリギリまで借りるのは避けるべきでしょう。
追加融資を受けなくても済むように、生活レベルを組み立てる必要があります。