最低限知っておきたい任意請求の特徴と方法

MENU

最低限知っておきたい任意請求の特徴と方法

借金の問題というものは、自分の力だけで何とか解決できるようであれば、まだそれほど深刻な問題ではありません。色々な苦労はあるでしょうが、頑張れば解決できて一件落着となるのですから、十分に希望はあるのです。しかし、もしも自力ではどうにもならないほど問題が大きくなってしまったら、その際には専門家である弁護士や司法書士などに協力してもらって問題解決に取り組むしかなくなってしまいます。任意請求というのは、その時に実際に行う解決のための手続きのことです。
借金問題解決のための手段と言えば、債務整理です。その債務整理には、任意整理と過払い金請求、特定調停、個人再生、そして自己破産があります。任意請求とは任意整理と過払い金請求のことであり、まだ何とか最低限の返済能力が残っている時に選択することができる手続きのことなのです。
返済が苦しくなって返すのが難しくなった場合、過払い金の精算は問題解決のための一案です。つまり今までの返済の中に過払い金が発生していれば、そのお金を残っている債務に充当すれば残債務を減らすことができるのです。しかも減らすだけではなくて、時には残債務の全額を帳消しにすることもできます。それどころか、過払い金が非常に大きければ、お金が自分の手元に戻ってくる可能性さえあるのです。
また、それ以外にも弁護士や司法書士が貸金業者などの債権者と交渉を行うことで、より返済しやすいような契約へと導いてくれることも期待できます。それから複数の借金を一つにまとめて返しやすくしてくれる場合もあります。このようにして借りたお金を返しやすくすることを、任意整理と呼んでいるのです。
それに対して過払い金請求とは、基本的に返済が完了した後に行う手続きのことです。もしも返済時に払い過ぎてしまったお金があれば、それを返還してくれるように債権者に要求する手続きなのです。ただし返済している途中で過払い金の請求をする場合には、債務整理の一環とみなされることになります。
いずれにしても任意整理も過払い金請求も、どちらも払い過ぎたお金を取り戻すことは同じです。しかし、任意整理の場合は信用情報機関にその記録が残ります。これは要するに、任意整理を実行したという事実が全ての金融業者などにも広く知られてしまうということを意味します。それゆえ、その後は何かローンを組もうと思って申し込んでも審査に通らないと思って間違いないでしょう。いわゆる、ブラックリストに名前が載ってしまったようになるのです。
その一方で、過払い金請求ならば信用情報機関に記録が残るようなことはありません。何しろ借りたお金は完済しているのですから、過払い金請求をするということは、元々自分のものだったお金を返してもらうだけなのです。それゆえブラックリストに名前が載るようなことではないのです。
ところで任意整理と過払い金請求と、どちらの手続きを実行すべきなのか自分で判断するのが難しいような時は、やはり専門家に相談すべきだと言えるでしょう。今日ではどちらの手続きも非常に多くの人たちが実行に移していますが、
借金問題の解決に強い弁護士事務所や司法書士事務所なら、素人よりも確実に最適な判断ができることは間違いありません。ですから借りたお金を返せなくなって困り果てている人の事情を聞けば、すぐに最善の方法をアドバイスすることができるのです。
確かに完済しているなら過払い金請求という選択になるでしょう。しかし、本当に過払い金が発生しているのかどうかは素人には分かりにくい場合もあります。ですから判断が難しい場合も少なくないのです。それを考えるなら専門家に計算してもらうほうが無難だと言えるのです。
とにかく昭和の昔の時代と比べると、平成の現代では金融法も改正されましたので、返済に関する状況は大きく変化したものです。特に借金問題を抱えて苦しんでいる人にとって有利になってきましたので、お金の悩みなら弁護士などの専門家に相談するべきです。そうすれば解決は早くなることでしょう。専門家を通して和解を申し出れば、素直に過払い金を支払ってくれる業者は多いものです。それに万一訴訟沙汰になってしまったとしても、弁護士に過払い金返還請求訴訟を依頼するなら、殆どのケースでは問題なく勝訴できるものです。
それから借りたお金が返せなくても、一人で悩んでいても埒がありません。孤独な状態で頭を抱えて悩んでいても、事態が自然に良い方向へ向かってくれることなどは期待できるはずがありません。それどころか自分一人だけで孤立してしまうと気分も滅入ってしまい、ストレスも非常に大きく膨らんでしまう者です。そんな状態では最悪の場合、精神を病んでしまう危険もあります。そうなると地獄のような状態となってしまいますので、とにかく弁護士などに相談するのが重要なのです。無料相談を受け付けている事務所は多いですので、是非、利用してみましょう。