債務整理をしても保険の加入には問題なし

MENU

債務整理をしても保険の加入には問題なし

お金を借り過ぎてしまって返済できないという場合には、一般的には「債務整理」の手続きを行います。債務整理とは、どうしても借りたお金を返すことができなくなった人のために、債権者との交渉などによって、借金の額を減らして、重い金利の負担から解放される法的な救済措置です。債務整理には、債務者の収入の状況やこれまでの返済状況、職業などに応じて、さまざまな方法があります。一般的には、裁判所を通さないで、弁護士が債権者と交渉をして、将来の利息をカットすることで、借金の額を大幅に減らして、長期間の分割払いにする「任意整理」での債務整理が多く見られます。また、「任意整理」の手続きを行う際に、これまでの借入れのなかで、法定外の利息で返済をしているものなどがある場合には、払い過ぎた利息を返してもらう「過払い金返還請求」の手続きを行って、さらに債務の総額を減らすことができる場合があります。ご自身でも気付かないうちに、思いもよらぬ利息で返済をしている場合もありますので、心当たりがある場合には、弁護士に相談をしてみましょう。そのほかには、住宅ローンを除いた借金の総額の1/5を原則3年間で返済する「民事再生」という方法もあります。最低の返済額が100万円以上の必要がありますので、住宅ローンを除いた借入総額が5000万円以下で、500万円以上の借り入れがある場合には、おすすめの手段です。最後に、よく耳にする「自己破産」という債務整理の方法があります。「自己破産」とは、言葉通り、破産を申請することになりますので、原則的には、20万円以上の価値がある財産や99万円以上の現金については、すべて換価処分されて、債権者に等分に分配されます。要は、お金になる物であれば、住宅や土地はもちろん、車などもすべて手放すことになるのですが、しかし、それでも借金が残ってしまう場合もあります。この場合に、残った借金を全額免除してもらうよう裁判所に申し立てを行い、承認されれば債務をゼロにして、新たなスタートを切ることができるようになります。ここで、注意をしなければならないのが、「20万円以上の価値のある財産」ということです。この中には、生命保険や学資保険なども含まれます。例えば、子供のためにかけている保険であっても、債務者が保険料を支払っている場合には、それも財産としてみなされますので、積立型の保険で、解約したら解約払戻金が発生し、その額が20万円を超える場合には、解約をしなければならなくなります。しかし、生命保険などの場合は、債務者の健康上、その保険が必要性の高いものであると判断された場合には、解約を免れることができる場合もあります。せっかくこれまで積み立ててきた保険ですし、あらたに加入するとなると、掛け金も増額されてしまいます。そのような場合には、保険の貸付制度を利用するなどして、解約をせずに済ませる方法はいくつかあります。もしも、「自己破産」の申し立てを考えていて、積立型の保険を契約している場合には、弁護士に相談をするようにしましょう。ほかにも、債務整理をすると、借金を減らしたり、なくすことができるなど、さまざまなメリットがありますが、それぞれにデメリットがあるのも事実です。しかし、債務整理をすると、選挙権がなくなったり、戸籍に傷が付くとか、年金がもらえなくなる、会社や近所の人にバレるなど、実しやかに言われていますが、そのようなことは一切ありません。「自己破産」をした場合には、官報や本籍地の市町村役場の破産者名簿に一定期間記載されますが、一般の人が目にするような媒体ではありませんので、何ら問題はないでしょう。また、保険については債務整理の際には、いったん解約を余儀なくされる場合もありますが、手続き完了後には、生命保険や火災保険、傷害保険、学資保険など、保険料の支払いをすることができるのであれば、どのような保険でも加入することができます。また、保険の加入の際に、債務整理をしているということが、担当者の人に分かるようなこともありません。保険加入とは、お金を借りるということとは異なり、保険料の支払いを延滞した場合には、2カ月以上延滞が続くと、解約返戻金から自動で振替えをされるか、あるいは失効となります。ただし、失効となった後でも、3年以内に失効期間中の保険料を追納すれば元の状態に復活させることは可能となっています。しかし、いくら保険料を滞納した場合でも、消費者金融や金融機関の返済のように、個人の信用情報として登録されるようなこともありません。 金融機関が供覧する信用情報には、債務整理をしたことを掲載されます。いわゆるブラックリストとなってしまいますので、5〜10年はクレジットカードを作ったり、ローンを組むことはできなくなりますが、それらの信用情報を、保険業界の人が閲覧したり参照することはできませんので、加入の際にバレるというようなこともありません。