自己破産は最後の砦にしよう

MENU

自己破産は最後の砦にしよう

借金というものは、長い人生においては誰でも一度や二度くらい抱えてしまっても仕方が無いことだと言えます。確かにしないに越したことはないのでしょうが、一生に一度もしない人など限られた一部のお金持ちだけでしょう。いずれにしても、何らかの事情によってお金を借りることは別に恥ずかしいことなどではありません。恥ずかしいのは、借りたお金を返せなくなってしまった時です。借りたら元金に利息を加えて約束の期日には返さなければならないのに、それができずに約束を破ってしまうことこそが恥ずかしいことなのです。
しかし、実際に借りたお金を返せなくなってしまったら、単に恥ずかしがっていたり、あるいは頭を抱えて一人で悩み込んでいたりしても埒があきません。そんな暇があったら被害を最小限に食い止めるために、全力で最善の手を打つべきです。そうしてこそお金を貸してくれた人への迷惑も、少しでも小さく抑えることができるのです。そんな自分だけでは解決できなくなってしまった借金の問題解決方法として有名なのは、やはり債務整理でしょう。
債務整理には任意整理、過払い金請求、特定調停、個人再生、それに自己破産などの手続き方法があります。それぞれの手続きには特徴があって、メリットもあればデメリットもあります。ですから実際に債務整理を実行に移して問題解決を行う場合は、最初に自分に最適な手続きを選択することから開始します。それには自分一人だけで考えて結論を出すよりも、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談して決めるのが賢明でしょう。幸いなことに多くの弁護士事務所や司法書士事務所では、無料相談を行ってくれるのです。これは是非とも活用したいものです。
ところで難しい借金問題ほど、解決するためには自己破産するしかないと思い込んでしまう人がいます。確かに場合によっては、自己破産こそが最適な解決方法となる人もいます。たとえば返済能力が完全に無くなってしまって選択肢が限られてしまったようなケースであれば、その時には自己破産しかないと言えるでしょう。しかし、よく考えてみれば他にも選択肢があるケースも存在するものです。だからこそ、専門家に相談して結論を出すことは大切なのです。
ただし、自己破産を行えば全ての借金が消えてくれるので非常にメリットが大きいと感じる場合も多いでしょうが、しかし、それには財産の大半を失ってしまうなどの大きなデメリットもあるのです。それだけではなくて、厳密に言えば例外的に消えて無くなってくれない債権も残るのです。ですから何となく、「手っ取り早く自己破産が楽そうでいい」などと軽い気持ちで選んではいけない選択肢なのです。そのように安易に考えるのではなくて、むしろ最後の手段として考えておくのが現実的に正しい認識だと言えるのです。
何しろ自己破産をすると大切なマイホームも手放さなければならなくなり、それ以外にもマイカーなど、ある程度の価値のある財産は失ってしまうのです。そうすると自分だけではなくて、家族たちも間違いなく大きなダメージを被ってしまうことになります。ですから絶対に安易な判断で実行に移せるような手続きではありません。もしも本当に自己破産手続きを選択する時には、相当の覚悟を決めておかなければなりません。また、この手続きによって絶対に立ち直って人生をやり直すという決意も必要になりまず。そうでなければ実行する意味がないと考えましょう。
そう考えると借金問題解決のための有効な方法は債務整理ですが、債務整理という手札の中では自己破産は最後の切り札だという位置付けになります。切り札とは最後に残された奥の手のような大切な手段なのですから、少なくとも最初の段階で実行しようかどうか検討するべきことではありません。もしもカードゲームで勝負する時に、よく考えもせずに切り札を最初の段階で使ってしまうようでは、勝てる勝負も勝てなくなってしまいます。それと同じように、もしも債務整理で問題解決を目指す時、よく考えもせずに最初の段階で自己破産を実行してしまえば、解決できる問題も解決できなくなってしまう危険があります。そのことを忘れないように肝に銘じておくべきです。
いずれにしても、お金を借りるのは比較的簡単に感じたとしても、返すのは決して簡単ではないのです。特に高額のお金を借りる場合ほど、その傾向は益々強くなります。ですから絶対に金融事故など起こさないように、くれぐれも注意して借りなければなりません。そのためには少しでも余裕のある返済計画を事前に立てておくべきであり、最初に立てた計画を忠実に守ることが大切です。返済とは一度躓いてしまうと後に尾を引くものですから、とにかく滞納しないように順調に返済し続けるようにしましょう。たとえ返済が順調に進んでいる時でも、油断大敵です。油断してしまうと、そんな時に限って思いがけない出費に対応できなくなってしまうものです。それゆえ、完済するまで気を抜いてはいけません。