債務整理をすることで個人信用情報に傷が付く?

MENU

債務整理をすることで個人信用情報に傷が付く?

銀行や消費者金融からお金を借りて、もし返済ができなくなった場合は、まず借入先に相談して、返済方法を見直してもらうようにしましょう。返済方法を多少変えることで、スムーズに入金ができるようになることもあります。しかし、それでもやはりうまく行かない時には、債務整理をするのがお勧めです。債務整理には任意整理、自己破産、特定調停など様々な方法があります。この中で最もポピュラーなのが、任意整理と自己破産です。この2つはいずれも、弁護士または司法書士に依頼して、手続きをしてもらいます。
任意整理は、借金を一定の期間内で、分割返済して行きます。返済額は、弁護士または司法書士が、借入先と交渉をして決めます。自己破産は、裁判所に破産宣告をして、借金を帳消しにしてもらう方法で、免責が下りた時点で借金から解放されます。特定調停は弁護士や司法書士に依頼せず、自分で裁判所に申立を行い、調停委員会を通じて手続きを進めるやり方で、費用がかからないのが最大のメリットですが、調停のために、定期的に裁判所に行く必要があります。また債務整理を司法書士に依頼する場合は、借金が140万円以下でないと依頼できません。ですから、金額が大きい場合は、はじめから弁護士に依頼するのがお勧めです。
ところで債務整理をした場合は、それがどのような方法であっても、個人の信用情報にブラックが登録されます。消費者金融、信販会社、銀行のそれぞれに信用情報機関があり、いずれの場合も5年間ブラックが登録された状態になります。このブラックが登録されると、期日の債権回収が難しいとみなされるため、その間は借金をしたり、クレジットカードを申込んだりということが、かなり難しくなります。また自己破産をした場合は、銀行系の信用情報機関に限り、10年間登録されます。ですから自己破産をすると、10年間銀行からお金を借りたり、あるいは銀行系のクレジットカードを作ったりすることは難しくなります。
また、債務整理以外でもブラックが登録されることもあります。それは、ローンの返済を延滞した場合です。ローン、あるいはクレジットカードの返済が、3回続けて遅れた場合は、自動的にブラックが登録されます。ですから返済が遅れがちの人は、注意するようにしましょう。債務整理をしていないのに、何度か遅れてしまったために、カードローンやキャッシングを利用することができない、あるいは、クレジットカードの審査に落ちてしまうということもあるからです。
ブラックが登録されている間は、クレジットカードでの引き落としができませんから、債務整理を依頼した時点で、カード決済を口座決済に変え、普段の買物は現金払い、またはデビットカードを使うのがいいでしょう。デビットカードはICカードなどと同じで、チャージした金額だけ使えるカードのことです。作る時の与信情報が不要ですから、信用情報をチェックされることもありません。また残高分しか使えませんから、無駄遣いを防ぐこともできます。
5年ないしは10年経つと、ブラックは個人情報から抹消されます。しかしだからといって、全く元に戻るかというと、そうでもないのです。一度債務整理の対象になった金融機関では、社内ブラックになってしまっていることが多く、その後その金融機関に申込をしても、審査に通りにくくなることがあります。このような場合は、それまで利用したことのない金融機関で申込むようにしてみましょう。特に一定期間ブラックがあった場合は、その間のクレジットカード取引履歴が、空白になっています。この状態をブラックに対してホワイトといい、このホワイトが多い場合もまた、審査に通る確率が低くなってしまいます。
それから、もしブラックが登録されていても、金融機関によってはお金を貸してくれたり、クレジットカードを作れたりすることもあります。中小の消費者金融や流通系のクレジットカードなどがそれに当たります。無論この場合は、お金を借りるにしても少額の場合が多いですし、クレジットカードの枠も少なめですが、きちんと利用と返済を繰り返すと、枠を広げてもらえることもあります。ただし、ブラックで多額の融資を謳う業者には気をつけましょう。違法業者である闇金の可能性が高く、一度利用すると、後で色々と面倒なことになるからです。
また借入やクレジットカードの申込方で、ブラックがついてしまうこともあります。一度に複数の会社、それも4社以上に申込んだ場合は、返済能力を疑われてしまい、すべて審査に落ちてしまうことがあります。これを申込ブラックといい、信用情報に半年間ブラックが登録されます。一度に申込むのは、せめて3社までにし、それも1社の結果がわかってから、その次を申込むのがお勧めです。半年が経過すれば、また申込ができるようになりますが、その場合も、申込ブラックになった金融機関は見送った方がいいでしょう。