借金完済後、借金生活に戻らないために

MENU

借金完済後、借金生活に戻らないために

どうにも返すことがむつかしくなった借金はやはり専門家に相談して返済方法を検討するのがよいでしょう。弁護士であればそのようなカードローンなどの問題においてさまざまなパターンをこれまで多く取りあつかっているので、その人に合った返済方法をおこなってくれます。返済における債務整理にはよくおこなわれるやり方としては大きくわけて3つの方法になります。その中で一般的よく選択されているのは任意整理です、任意整理は借入金を債権者と交渉し、だいたい5分の1ほどに減額します。その金額を3年から5年ほどで返済していくのですが、この交渉にはやはり法律の専門家でないと無理な点もありますので弁護士に依頼しておこなうのがベストです。また、最近特に耳にすることの多くなった過払い金ですが、これも弁護士でないとなかなか相手の金融会社に支払ってもらうのは難しいですので、専門家に依頼するようにします。金利などを法定金利よりも多く支払ってきた場合には、この過払い金が生じます。もうすでに返済が終了してしまっている借金であっても一般的に10年までの時効を過ぎていなければ過払い金を申請することができます。このようなことは一般の人は知らないことも多く、弁護士などに相談して初めて知るということも少なくありません。ですのでこのようなことからも借入金返済は専門家である弁護士への相談がベストなのです。さらにほかの返済方法には個人再生というやり方もあります。この方法の最大のメリットは家を残すことができるという点です。住宅ローンを支払っている場合この住宅ローンが減額されませんのでそのまま支払っていくことになりますが、これ以外の借入金などはこれも5分の1ほどに減額され、それを3年ほどで返済していきます。5年で返済する場合もあります。この個人再生ではいくつかの条件があり、まず住宅ローンをこれまで通りに返済しかつそれ以外のローンを返済できる収入があることになります。債務整理というと何もかも失ってしまうと考えている人も多いですが、このような方法もあるということは弁護士への相談で知ることになります。一般的に債務整理というと自己破産が知られていますが、これは最後の方法としてとらえることができます。借入金をすべてなしにすることができますので、人生を一からスタートさせるには最も適した方法かもしれません。これまで苦しめられてきた借入がゼロになるのであれば、精神的にも落ち着くことができますし、執拗な督促からも逃れることができます。確かに家や車などはなくなるというデメリットもありますが、多くの人が望むやり方となっています。ですがなかにはこのような債務整理をおこなって、借入金を完済したとしてもまた同じようにカードローンを重ねていく人がいます。せっかく借入金から解放されたのにもかかわらずまた同じ苦しみの中に自ら戻ってしまうというのは実はめずらしくありません。ではどうしたらこういった状況に陥ることなく健全に生活していくことができるのでしょうか。債務整理をおこないますと債務整理の種類にもよりますが5年から10年ほどは個人信用情報にその履歴が残りますので、基本的にはもうカードローンを使うことはできません。家や車のローンなどを組むこともできませんし、クレジットカードなども制限されます。ですので、本当に現金だけで生活していかなければならないのです。このまま現金で生活をしていけるのであれば同じ過ちを犯すことはありません。ですがやはりお金が足りなくなると安易な方法に頼りたくなる、つまりまたカードローンなどを利用したくなるのもわかります。ですがこのような債務整理をおこなったブラックリスト者に対して貸してくれる金融会社は正規のところではありません。そのため今度はそういった人にも貸し付けをおこなう闇金融に手を出す人もでてくるのです。また返せなくなったらまた債務整理をおこなえばよいと考えがちですが、なかなか2度目は難しいということも自覚しましょう。もしできなければ永遠に借金で苦しめられる生活が続くわけです。さらに闇金であれはその督促も半端ないやり方であるのは想像つきます。ですので、完済後、借金生活に戻らないためにはまずは現金での生活をとにかく維持するようにします。もちろんつらい時もありますが、身の丈に合った生活を心がけ、お金がなければ使わないということに徹する必要があります。確かにいうのは簡単でも実行は難しいです。ですがまた借金を繰り返すという負のループに入り込んでしまうのは、一生正常な生活を送れないことになります。のど元過ぎればのことわざのように、時期が過ぎると忘れて平気で同じことを繰り返してしまうこともあります。ですが借金においては弁護士によって解決してもらった後は自分との戦いになりますので、心して同じ過ちを繰り返さないように心がけていくことが重要です。