借金完済後の個人情報

MENU

借金完済後の個人情報

借金を完全に返済した後は、すぐにでも個人情報が消去されるかと考えている方もいるかもしれません。しかし、一定の間記載され続けていることがあります。
何の問題も無く、全ての借入残高を返済した場合であっても、すぐに消去される訳ではありません。解約しなければ、そのまま借入枠は残ったままですので、審査時に他の金融機関が閲覧したとしても、枠はあっても実際借入残高があるのかどうかが分からなくなってしまいます。
例えば、銀行や信用金庫等で住宅ローンの申し込みをして、審査を受ける場合には、カードローンの借入限度額や、クレジットカードのキャッシング枠が問題になることがあります。消費者金融やクレジットカードの発行会社、信販会社の場合は、貸金業なので、総量規制を受けることになりますが、ある程度年収のある方ですと、限度額が高めになるものですし、銀行のカードローンの場合は総量規制の対象外となることから、自ずと限度額が高めに設定されることが多くなります。住宅ローンは、高額な貸付となりますので、返済できないことになると損害を被ってしまうことにもなりかねません。金融機関側ではできるだけリスクが高い方には貸したくないと考える場合があります。カードローンの限度額が高いと、どれだけ借入しているか判断しにくいですし、実際に借り入れしていなくても、何かの事情で多く借りてしまうこともあるかもしれません。充分な収入があり、返済歴も問題がないのみ、貸し倒れの心配があると判断されて、審査が通らないことがあります。利用しないカードローンについては、使う必要があると思われるもの以外、解約するようにしましょう。完済し終わってからであれば、解約するのにも支障がありません。
カードローン解約後に個人情報が記載される期間は、解約した日付から5年までとなります。残高がある場合は、全て支払い終えてから解約となることが多いです。債務整理や延滞で代位弁済等の契約をする上で問題となる記録が残っていない限り、全て返し終わっていることから、特にローン全般の審査時にはマイナスになることはほとんどないと思われます。
借金を完済するのに、返済遅れをしてしまった場合は、記録が残ります。金融機関から通知があり次第すぐに入金させたり、一括して返済した場合でしたら、そんなに傷は深くありませんが、入金が利用者の都合で遅れたと言う記録は残ります。2回くらいまでなら特に注視されることもありませんが、何度もあるようですと、お金の管理ができない人なのではと疑られ、クレジットカードや借入の審査でマイナスとなることがあります。キャッシング利用をして完済しても、そのままクレジットカードやカードローンの契約を続けている場合は、自動的に2年で消去されることになります。解約した場合は、その日から最高で5年は記録が残ることになります。そのまま持ち続けるかどうかは、利用者の考え次第となります。
問題となるのは、数ヶ月にわたる延滞や、債務整理をした場合です。
金融機関にもよりますが、2〜3ヶ月以上支払わないままになると、債権が保証会社に異動して、代位弁済されることになり、債権者が変わることになります。これを異動情報と言い、大きな問題となります。その後に一括で支払ったり、保証会社との話し合いで支払期間を延ばしてもらったりして支払ったりすれば、5年で消去されます。踏み倒したままにしておくと、延々と記載され続けますので、一生金融機関との契約が叶わないことがあります。トラブルになっていると知らずに、その会社に申し込み、審査を受けた場合には、返済するように連絡が取られることもあり、さらに印象を悪くしてしまうことがありますので、早めに解決するように心がけましょう。
返済が難しくなって、債務整理を試みた場合は、5年〜10年は記載され続けることになります。
話し合いで解決し、利息を軽減してもらって元金部分を全て返すことの多い、任意整理に関しては、解決してから5年ほどで記載されなくなります。銀行が加盟する信用情報機関では、完済してから5年となりますので、銀行での金融商品の方がいくらか期間が長くなることが予想されます。元金部分も減額される個人再生や、借金を帳消しにする自己破産については、官報に記載されますので、銀行の場合は情報を収集する関係から7年〜10年は記載されると考えられることがあり、銀行の審査には通りにくくなる期間がだいぶ長くなりますので、気をつけましょう。
トラブルがあった場合は、個人信用情報に記載される期間はだいたいの目安は分かっていても、当事者の金融機関や保証会社には、社内情報として長期間残されることが予想されます。目安の期間を過ぎても、審査落ちしてしまうことがありますし、審査基準に達していて、属性が良く、他の金融機関の利用履歴が良ければ、過去のことを考慮せずに通してもらえることもあります。心配であれば、過去に迷惑をかけた金融機関や保証会社を避けて、借入やクレジットカードの申し込みをするといいでしょう。