配偶者の借金

MENU

配偶者の借金

急にお金が必要になった時は、カードローンやキャッシングを利用して借金をするという方法があります。もし主婦が、このようなカードローンやキャッシングを利用してお金を借りる場合は、その人の名義で申込む方法と、家族、特に配偶者の名義で申込む方法とがあります。普通仕事をしていて収入がある場合は自分名義、専業主婦のように自分名義の収入がない場合は、配偶者名義で申込むことが多いです。配偶者名義で申込む時は、もちろん配偶者の本人確認書類、たとえば免許証や、給与明細などの収入証明を用意して申込むことになります。
このような場合は、審査ももちろん配偶者の収入や信用情報を参考にして進められます。ですから、もし配偶者の信用情報に、延滞や債務整理でブラックがついていた場合は、審査に通らない確率が高くなります。延滞や債務整理は5年間借入ができませんし、また自己破産を選んだ場合は、銀行からの借入は、免責が下りてから10年間はできません。もし配偶者が過去に延滞や債務整理をしていた場合は、その点に気をつけるようにしましょう。
また、債務整理後5年または10年経っていたとしても、債務整理の対象となった金融機関は、社内ブラックとなっている確率が高いため、申込んでも審査に通るのは難しくなります。このような場合は、それまで申込んだことのない金融機関を利用するのが一番です。また、特に銀行は審査基準が厳しいため、消費者金融をまず利用して、きちんと返済するようにし、取引履歴の実績を作るようにすると、その後の借入がしやすくなります。
ただし専業主婦が消費者金融を利用する場合は、一つ問題があります。それは、総量規制があるため、配偶者の同意がないと借入ができないという点です。つまり消費者金融で申込む時は、内緒で借りるということは不可能になるわけです。それでも配偶者に知られたくない、内緒で借りたいという場合は、総量規制対象外の消費者金融、あるいは、銀行を利用するようにしましょう。銀行は消費者金融とは別の法律の監督下にあるため、総量規制がはじめから存在しないからです。
また、もし同意を得られたとしても、総量規制があるため、配偶者の年収の3分の1に当たる金額までしか、借入れることができません。またこれは、消費者金融での借入すべてに適用されます。そのため、もし配偶者が、他の消費者金融で既にいくらか借入をしていた場合は、年収の3分の1に当たる金額からその分を引いた額しか、借入ができません。たとえば年収が900万円で、そのうち配偶者が既に100万円を借りていた場合には、あと200万円までしか借りられないわけです。
では、もし専業主婦が配偶者名義で借入をしていて、返済できなくて延滞したとか、あるいは債務整理をした場合はどうなるのでしょう。これは、名義人である配偶者の信用情報に、ブラックが登録されます。このため、配偶者名義のローンやクレジットカードなどは、すべて解約しなければならなくなります。債務整理では住宅ローンなどを残せる方法もありますが、収入額などで制約がかかります。
ですから、専業主婦が配偶者名義で借金をする場合は、本当はまず事前に話し合った方がいいのです。金額によっては借金しなくても都合がつくかもしれませんし、また配偶者名義で借りたにしても、内緒で借りているわけではないので、返済が苦しい時にも、話し合って解決できることもあります。もちろん、一緒に返済計画を建て直すことも可能なのです。
それからもし事情が許せば、自分でパートや内職のアルバイトをして収入を得ると、自分名義で借入をすることもできます。パートや内職であっても、消費者金融であれば、審査に通る可能性もあるからです。ただ本人の収入で返済できる額になりますので、配偶者名義で借りる時に比べると、与信枠は小さくなります。
また、借金をする場合には、ここからは借りてはいけないという業者も存在します。それは違法業者、いわゆる闇金のことです。この闇金は、多額の融資という触れ込みで高金利でお金を貸します。一月で、元本と利息がほぼ同じということも珍しくありません。そのため返済が難しくなりますが、もし返済できないと、かなり厳しい取り立てを行います。たとえば自宅や配偶者の勤務先に来て、返済するまで居座ったりします。その他にも深夜に督促の電話をかけまくったりもします。闇金を利用すると、このように色々面倒なことになりますので、多額融資を謳っていても、絶対に申込んではいけません。
また、もし闇金に申込んだとか、利用したのがわかった場合は、闇金専門の弁護士に相談するようにしましょう。弁護士に依頼すると、その場で介入通知を出してもらえます。介入通知が届いた時点で、取立てはできなくなります。しかし違法である闇金の場合は、それでも督促して来ることがありますので、そのような時は何度でも相談するようにしてください。