キャッシングとカードローンの違い

MENU

キャッシングとカードローンの違い

世の中には一般消費者に貸し付けを行っている金融機関は沢山ありますが、特に申し込みや審査などが比較的簡単な多目的ローン商品を取り扱っている金融機関は、非常に沢山あります。たとえばカードローン会社やキャッシング会社などと呼ばれている会社が、それに該当します。ただし会社名や商品名などに違いはあったとしても、金融機関からお金を借りれば負債を背負うことになります。その意味では、どこの金融機関のどんな種類のローン商品からお金を借りたとしても、それが借金であるという点には何の違いもありません。それは元金に利子を付けて返さなければならないお金ですので、返済の苦労はどれも皆、基本的には同じなのです。
ただし厳密に言うのなら、銀行などでお馴染みのカードローン商品と、消費者金融などで有名なキャッシング・サービスは、似たようなローン商品ではあっても元々は確かな違いが存在していたのです。その両者の主な違いとは、借り入れ期間と借り入れ金額です。比較的借り入れ期間が短くて借り入れ金額も小さいのがキャッシングであり、期間が長めで金額も多めなのがカードローンなのです。つまりキャッシングとは、当初は少額のお金を借りて翌月一括返済などですぐ返すローン商品として誕生したのです。それに対してカードローンとは、最初から大きな金額を借りて分割で返すことを前提として作られたローン商品なのです。両者には、元々そのような違いがあったのです。しかし今日では、キャッシングもカードローンと同じような利用者が完全に多数を占めるようになりましたので、現実的には違いなど何も感じられなくなってきているのです。
しかし、そんな今日でも尚、カードローンとキャッシングのそれぞれの特徴を精査してみると、両者の元々の違いは何となく感じられます。たとえば金利を単純に比較すると、一般的に言って、カードローンはキャッシングよりも比較的低金利です。それは即ち、利息の支払い負担も比較的少なくて済むということを意味しています。そのような借り入れは、大きな金額のお金を借りて毎月少しずつ返すような長期返済に向いていると考えられます。また、審査の難易度を比べてみますと、カードローンよりもキャッシングのほうが難易度は比較的低めになっています。それは正に、カードローンよりも比較的借りやすいということを意味しています。要するにキャッシングとは、金利は比較的高いけれども審査の難易度が低めなので借りやすいのです。ということは、手軽に借りてすぐに返済する借り入れスタイルに最適だと言えるのです。
いずれにしても、カードローンとキャッシングの細かな違いなどは、今では誰も問題視などしません。少なくともお金に困っていて借り入れがしたいと願っている人にとっては、貸してくれさえすればどちらでも構わないのです。それが一般消費者の本音と言えるでしょう。そんな一般消費者にとってはローン商品の名称よりも、個々の商品の金利や融資枠、それに審査などの特徴のほうが遙かに重要だということです。実際に借り入れ希望の消費者は皆、カードローンかキャッシングかで商品選びをしているわけではなくて、あくまでも個々の商品の特徴をチェックして商品選びを行っているのです。
ところで金融機関からの借り入れで最も大切なこととは、商品選びではありません。また、いかにして少しでも有利な条件で借り入れを行うか、ということでもありません。そうではなくて、一番大切なこととは無事故で安全な返済なのです。何しろ借金というものは、借りることさえできれば良いのではありません。無事に借りればゴールインではなくて、無事に完済し終えた時こそが借金のゴールインなのです。そのことは絶対に忘れてはならないでしょう。ですから借りる前にはしっかりと返済計画を立てておかなければなりませんし、無理のない範囲内の借り入れしか実行してはいけないのです。
もしも無計画に無謀な借り入れをしてしまえば、まともに返済できなくなって当然です。そして返済が滞ってしまえば金融事故を起こしてしまうことになりますので、ブラックリストに名前が載ってしまいます。そうなると、あらゆるローン商品が利用できなくなり、クレジットカードも使えなくなってしまいます。要するにブラックリストに名前が載っている限り、金融機関との健全なお付き合いが停止されてしまうのです。それは通常の社会生活を営む上では、非常に不便な状態です。そんな残念な状態にならないようにするためにも、借り入れは安全第一なのです。
とにかく返済には、カードローンやキャッシングなどのローンの名称の違いなどは関係ありません。安全で確実な返済を行うためには、自分自身の心掛けが重要です。それは車の運転と同じと考えられます。車に構造上の欠陥でもない限り、交通事故は運転手の責任です。同様にローン商品も、金融事故を起こすのは商品が悪いのではなくて、利用者の責任なのです。使い方が悪いからこそ、事故を起こしてしまうのです。くれぐれも事故には気を付けましょう。