カードローンとは?

MENU

カードローンとは?

借金をする場合には、カードローンやキャッシングを利用することとなりますが、ではカードローンとはどのようなものなのでしょうか、見ていきましょう。

 

CMなどでも良く聞くことのあるカードローンですが、具体的にどのようなものなのか説明できる方は少ないのではないでしょうか、簡単に説明をするとカードローンとは個人向けの無担保融資のことです。

 

具体的に解説をしていくと、無担保という事は担保を付けることなくお金を貸すという事です。ですので個人の信用を重視したローンという事になります。

 

ですので自動車のローンなどとは異なり、誰でも簡単に借金をすることはできず、必ず厳しい審査を受けて、それに通過しなくては利用出来ません。

 

その審査内容も年数や勤務年数、雇用形態、家族構成、同居人、住居形態など様々な項目があり、審査状況によっては利用が不可能と判断されることも少なくありません。

 

カードローンは気軽に利用できるものではありませんが、とはいえ厳格な年収制限などはありませんので、原則的には定職に就いていて、安定した収入が見込めるようであれば利用が可能となっています。

 

近年では限度額も10万円と低く設定しているものもありますので、場合によっては学生や専業主婦であっても利用可能なカードローンというのもできてきています。

 

また、審査はきびしいですが、それほど時間を有するものではなく、インターネット上で全ての手続きをすることもできるようになり、利用者の数は増えてきています。

 

では、さらに具体的にカードローンによって借金をする仕組みを見ていきましょう。まずローンには大きく分けると2つのローンがあり、1つは目的ローンで、もう1つがフリーローンになります。

 

目的ローンとは、言葉の通りですが使用目的が初めから決まっていて、その決まった目的にのみ使用するローンのことで、例えば車を買う時や家を買う時に使うローンが目的ローンになります。

 

フリーローンとは使用目的が自由に決められていて、借りた後にどのようなことに使用しても良いローンのことで、カードローンはこのフリーローンに当たります。

 

当然、何に使ってもいいという事は旅行やショッピングなどの娯楽に使うこともできますし、ギャンブルに使うことも、さらには借金の借り換えに使うという人もいます。

 

このように様々な使用目的がありますので、目的が限定されているローンよりも金利が高くなる傾向にあります。ですのでカードローンも同様で、目的ローンよりも高金利での融資となります。

 

そして、カードローンのもう一つの特徴として挙げることができるのが、限度額内であれば何度でもお金を借りたり返したりすることができます。

 

返済方法は様々ありますが、基本的には利用残高に応じて、毎月5,000円や1万円といった、あらかじめ決められた返済額に基づいて返済をしていくのですが、それを守っている限りはける残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。

 

ですので、毎月の返済を守って、しっかりと返済をしていれば限度額内の金額を何度でも引き出すことができるようになっています。

 

当然のことですが利用残高が0円になったり、もしくは全く利用していないようであれば返済は発生しません。ですので利用者の中には、万一の資金不足に備えてという方もいれば、住宅ローンの優遇金利を利用目的で融資先である銀行のカードローンを作っておくという方もいます。

 

この仕組みは消費者金融などのローンでも同じ仕組みとなっていますが、中小の消費者金融に中には、一度借りたら返済するだけで、枠内融資を受ける場合には、その都度審査を受ける必要があるという業者も増えてきています。

 

この理由は利用者の与信を、その都度チェックすることで返済が不能にならないようにするためのもので、これによって業者は貸し倒れのリスクを軽減しているのです。

 

しかし、カードローンの場合には一度与えられた限度額は、ほとんどの場合減額されることがありませんので、枠内であれば審査なしで、いつでも好きな時に利用することができるようになっています。

 

これは、当たり前のように聞こえますが、返済をすることによって借りられる枠ができたとしても、利用するたびにその都度審査を受けて、契約を更新しなければならないローンと比べると、非常に利用しやすく大きなメリットとなっています。

 

ところが、この仕組みが逆にデメリットとなることもあり、枠内であればいつでも自由に利用ができるという事は、借金をしているという感覚が鈍くなってしまいます。

 

一度利用をすると、借りて返すという事を何年も繰り返してしまい、結果として多額の金利を支払っているといったケースもあります。

 

枠内であればいつでも借金ができるという事はメリットでもありますが、デメリットとなってしまうこともあるという事を、しっかりと認識した上でカードローンを利用するようにしてください。