借金と倹約

MENU

借金と倹約

借金をすることになったら、まず最初に考えることは「完済までに現実的なプラン」です。今は、消費者金融系のカードローンを利用すれば比較的簡単にお金を借りることが出来ます。少しハードルは上がりますが、銀行系カードローンを利用する場合であってもそれほど難しいことはありません。

 

つまり、それだけ借金をすることが身近なものになっていると言う訳で、その影響で「借りたは良いが返せない状態」になってしまう人が沢山出てきています。例えば、親や友人、会社などからお金を借りる場合には「無利息、返済期間も明確ではない状況」でお金を借りることが出来る可能性が高い為、お金のある時は多めに返済し、余裕が無い時は少しだけを返済するかもしくは返済を待ってもらうことも現実的に可能です。

 

しかし、貸金業者を利用してお金を借りている場合は、お金がなくとも最低返済金額は返済する必要がありますし、それを怠れば「自分の信用情報が傷ついてしまう」という大きなリスクを負うことになってしまいます。遅延が一日程度であれば何の影響も起こらない可能性もありますが、数日以上の遅れが生じる場合にはほぼ確実に信用情報にキズがついてしまいます。

 

この信用情報というのが重要で、これが傷ついてネガティブな情報が多く登録されてしまうと「カードローンだけでなく住宅ローンなども借りられなくなる可能性」があります。遊ぶお金として使う目的の借金であればそれほど問題にはならないでしょうが、不動産を購入する場合は高額な動産(自動車など)を購入する際にローンが利用できないとなれば非常に大きな影響が出てきます。

 

一度傷ついてしまった信用情報は、その状態を解消した後も一定期間継続して情報が残ります。早くて5年程度と言われていますが、この期間を待てるだけの余裕が無い状況ほど影響は大きく出てしまいます。

 

そうならないようにするためには、「絶対に返済を遅延・延滞しない」と言うことが大切です。適切な収支コントロールをし、十分な余裕を持った状態で返済に当たっていかなければリスクが高くなることは明白である以上、借りる前にしっかりとした返済プランを作成できるかどうかが大きなポイントになる訳です。

 

ただし、如何に優れた返済計画を作成したとしても、その計画を確実に実行できるような状態を作り上げることが出来なければ意味がありません。机上の空論では何の意味も無い為、必ず現実的な返済計画を立てるとともに「返済に向けた余力を増やしていけるような生活環境」も作り上げていくことが大切です。

 

とは言え、通常は毎月の収入はほとんど固定されています。会社員であれば給料が毎月大幅に変動することは多くありませんから、その収入を「如何にして残した生活をすることが出来るのか」がポイントになってきます。つまりは「どうやって支出を減らすのか」が大きな影響を与えるので、「倹約生活」をするためのプランニングもしっかりとしておくことが必要です。

 

倹約・節約をするためのコツはネットなどで調べればたくさん見つかりますが、そのどれを実行するのかという判断は個人によって変わってきます。お酒を飲まない人がお酒代を節約する方法を実践しても意味がありませんし、無趣味の人がリーズナブルに楽しめる趣味の方法を実践しても意味がありません。必ず自分自身に合った方法、かつ効果の高いものを選択し実践していくことが大切です。

 

と言っても、中には「毎月返済をしていくだけならそこまでの事をする必要はないのではないか」と考える人も居るでしょう。確かに、毎月最低返済金額だけでも返済を継続していけばいずれ完済することが出来ます。しかし、その状況と「毎月大きな返済が出来る状態を作った状況」では、返済スピードが段違いになるだけでなく、「完済時の総額および返済不能に陥るリスク」に大きな違いが出てきます。

 

例えば、「100万円の借入れを金利10%でしている状況」の場合、利息だけでも毎年10万円が必要になります。実際には毎月の返済によって減少した元金に対しての利息となるのでこれよりも少なく済むことがほとんどですが、常に上限いっぱいまで借りている状況であれば10万円に限りなく近い利息を支払うこともあり得ます。

 

この状況で毎月の返済が1万円であれば、年間12万円の内10万円が利息として相殺されてしまうので元金は2万円しか減らない計算になります。つまり、この状態では完済までに50年近い期間が必要になってしまうため、返済総額は約600万円も必要です。

 

しかし、毎月の返済金額を3万円にすることが出来れば、1万円を返済している状況では2万円だった元金の減少を約26万円まで増やすことが出来ます。しかも、この余分に減った26万円分の利息が発生しなくなるので、現実的には2倍の52万円分の効果が期待できる訳です。

 

このように、「月々の返済、もしくは一定期間での返済金額を如何に増やせるのか」が大きな影響を与えるものになる為、「倹約をして返済余力を増やす」と言うことが非常に重要になる訳です。