借金返済と生活

MENU

借金返済と生活

お金を借りる事は決して悪いことではありません。実際に世の中の多くの人が借金をしており、それでも日ごろ何不自由なく生活することができています。誰もが知っているような大手の一流企業でも、銀行からお金を借りて成り立っているわけですから、お金を借りること自体に大きな問題があると断言できるわけではありません。しかしながら、お金に対してルーズな考え方を持っている人は要注意であると言えるでしょう。借り入れと返済のバランスが大きく崩れてしまうと、人生を左右するほどの大きな問題に発展してしまうことがあります。最近大きな問題となっているのがカードローン等による多重債務者です。最近では当たり前のように消費者金融会社のテレビコマーシャルを目にするようになりましたが、それがお金を借りることに対しての抵抗をなくし始めているのではないかと懸念されます。消費者金融会社が悪いわけではありませんが、カードローンは非常に高い金利が設定されています。借り入れを行ったら、出来る限り早い返済を心がけないとかなりの金額の利子を支払うことになります。それでも完済することができればまだ良い方で、複数の金融機関からカードローンでお金を借りすぎてしまい、毎月利子だけを支払うような状態に陥ってしまっている人たちも大勢います。そうなってしまうと、残されている解決方法は知り合いからお金を借りるか法的な手段を用いるほかないと言えるでしょう。知り合いからお金を借りてしまえば、またそれが大きなトラブルに発展してしまうことも十分に考えられます。そして、借金を増やしてしまった原因は全て債務者にありますから、できることであれば法律事務所に相談して解決した方が今後のためにもなるでしょう。ただし、弁護士や司法書士に借金問題について相談すれば、相談内容に見合った報酬を支払わなければなりません。もちろん、最初に一括で支払うような事は言われないので安心できますが、それなりの金額を請求されることでしょう。そして手を1つ法的な手段で借金問題を解決した際に気をつけなければならない点が、信用情報がブラックになってしまうということです。つまり、法的な手段で借金問題を解決すると、あらゆるローンが組めなくなってしまいます。住宅はもちろんのこと、自動車ローンやクレジットカードも当然利用することができなくなってしまいます。現金払いをするから問題ないと考えていても、日頃の生活において必ず不便な点が出てきてしまうでしょう。 ETCカードなどは典型的な例で、これもクレジットカードも一緒ですから利用することができません。多くの方が当たり前のように所持しているものが持てないという事はなかなかつらいものです。そして、友人や会社の人などからもなぜカードを持っていないのかなど突っ込まれてしまうことも考えられます。仕事等の事情等でクレジットカードを使うことが多い場合などはかなり苦労する事になるでしょう。お金を借り始めた時点で、そこまで将来的に返済が滞ってしまった後のことなどを考える事はなかなか無いと思われますが、頭の片隅には入れておかなければならないでしょう。基本的にお金を借りた場合は、少しでも早く返済する必要があります。どのようなローンでも同じ事が言えますが、お金を借りている期間が長引けば長引くほどそれだけ余分な利子を支払わなければならなくなります。借入金額によっても当然利子の金額は変わってきますが、1円でも余分には支払いたくないという位の考え方が必要でしょう。また、親族に内緒でお金を借りている場合などは気が気ではありません。そのようなケースの場合、おそらく初めのうちは少しだけお金を借りてすぐ返済したら良いぐらいの甘い考えが最初のきっかけとなっている事でしょう。しかしながら、人はいざ大金を目の前にしてしまうと、物欲が抑えられなくなり気がついたときには限度額いっぱいまでお金を借りてしまったと言う例が多々見られます。そのような人がお金を借りるべきではありませんが、自分は大丈夫だと考えていてもそのような状態に陥ってしまった方も大勢いるので十分な注意が必要となるでしょう。配偶者に内緒でお金を借りている場合、それが破れてしまうと離婚の危機に陥ってしまうことも十分に考えられますし、ずっとバレていないとしても突然金融機関から郵便物が送られてこないかなど気が気ではないことでしょう。とにかくそのような状態から早く脱して、安定した生活を取り戻さなければなりません。今現在借金で悩んでいる方は、もう一度自分の今の生活について見直しをする必要があるでしょう。毎月ギリギリの金額だけ返済して、遊ぶお金を多く使ってはいませんか。そのような状態では、いつまでたっても返済生活から抜け出すことはできません。自分の欲求を抑えてでも、まずは借りている全てのお金を返すことだけを考えなければならないでしょう。