多重債務者になってしまう人の特徴

MENU

多重債務者になってしまう人の特徴

多重債務者とは複数のローンを抱えている方のことですが、住宅ローンと自動車ローンと教育ローンといった複数の目的ローンを利用している場合は対象外と考えるのが普通です。
一般的に多重債務とは、キャッシングやカードローンなどの多目的ローンの借入先が複数ある状態を指しているのです。
例えば、消費者金融3社からそれぞれキャッシングの契約をしている場合は多重債務となります。
なぜ借入先が増えるかというと、1つのローンだけでは目的の金額に達しないからです。
50万円が欲しいのに30万円しか借入できなかった場合、残りの20万円を他社から借りようとするでしょう。
他社から20万円の借入ができたとしたら、その時点で借入先は2件になります。
2社のキャッシングを利用している状況にあるなら、間違いなく多重債務者となっています。
またはローンの返済ができなくなり、他社から借入して返済に充てるというパターンも多重債務者に多いです。
この方法のデメリットは、複数のローンを抱えているので利息が膨れ上がることです。
返済金に充てるために借りたローンにも利息が発生するので、借りて返済に充てるという方法は非常に損をします。
一時的に問題が解決したように錯覚しますが、すぐに新規ローンの返済日も迫ってくるでしょう。

 

キャッシングなどの小口融資は、本来は多重債務になりにくいはずなのです。
サラリーマンのお小遣い補填として誕生した経緯があり、数万円を借りて給料日に返すという使い方が一般的です。
しかし、あまりにも利便性がよいので借りすぎてしまい、返済が逼迫して借入先を増やすというケースが多く見られます。
借金をすること自体は悪くありませんが、返せる範囲で借入する必要があります。
利息だけを支払っても完済できませんし、返済まで長期化するほど利息は大きくなるのです。
そもそもキャッシングを利用する方は、契約時にお金がなかったはずです。
金銭的に余裕のない状態で借りているからこそ、たくさん借りてしまうと返済が厳しくなります。
毎月借金の返済をするということは、実質的に給料が減るということです。
給料が30万円あっても、借金に5万円充てれば実質25万円になってしまいます。
給料が減れば生活が厳しくなるのは当然ですから、不足分を借金でカバーするという悪循環になります。
キャッシングはとても便利なローンですが、カードで繰り返し利用できるのでついつい借りすぎてしまいがちです。

 

多重債務者になってしまう人は、収支のバランスを把握していない可能性があります。
給料の額はほとんどの方が熟知しているでしょうが、出費を即答できる方は意外と少ないです。
収入は30万円、出費は27万円というように即答できる方はそれほど多くはありません。
もし出費が30万円を超えていると、貯金を使ってカバーすることになるでしょう。
そうして少しずつ貯金が減っていき、やがてローンを利用するようになるわけです。
お金を借りると翌月から返済が待っているので、より収入は減ってしまいます。
ローンはうまく使えば非常に便利ですが、そこに依存してはいけません。
足りないときに一時的に借りて、早めに完済するのが正しい使い方となります。
早期完済するほど利息は減るので、自分にとっても得というわけです。
貸金業者は長期返済をしてほしいと考えていますが、業者が得をすることは借り手にとって損をすることなのです。
キャッシングに申込する前に、出費の部分をよく把握しておく必要があるでしょう。
いくらまで返済に充てることができるのか把握しておくことが大切です。
消費者金融のキャッシングやカードローンの借入総額は、年収の3分の1までと総量規制で決まっています。
総量規制は借りすぎを防ぐための法律ですが、個人の家計状況まで貸金業者は把握できません。
法的に年収の3分の1を借りることは問題ありませんが、家計的にはマイナスになってしまう場合もあるのです。

 

多重債務者にならないためには、多目的ローンの借入先は1件と決めておく必要があります。
借入先が2件になった時点で多重債務となり、1件の場合と比べて返済は面倒になるでしょう。
これは金額が増えるだけでなく、返済先が増えることによる面倒もあります。
もともとキャッシングなどの小口融資は、借りてすぐに返すのが基本です。
そのために金利がやや高く設定されており、長期借入用のローンではないことがわかります。
安全に利用するためには、借入総額の上限を決めておくことも大切でしょう。
貸金業者が推奨する融資額というのは、自分にとって必ずしも安全とは言えません。
自分にとって安全な借入額・返済額というのは、自分自身しかわからないことです。
借入総額はキャッシングの場合、最高でも30万円と考えておくと無難でしょう。
それ以上は追加融資を受けないと決めておけば、その範囲内でやりくりするようになります。
たまに利用する程度なら、10万円の限度額でも不足はないはずです。