借金生活から抜け出す方法

MENU

借金生活から抜け出す方法

借金生活から抜け出すための1番の近道とは何でしょうか?それは、まず、債務整理を得意としている弁護士あるいは弁護士事務所を探して相談をすることです。なぜ、司法書士や行政書士ではなく、弁護士に債務整理を依頼をするのかというと、司法書士の場合には、個別の債権額が140万円を超える場合には、法律の相談や交渉、訴訟などの対応をすることが不可能だからです。また、140万円以下の法律相談や交渉、訴訟についても認定の司法書士しか対応することはできません。また、弁護士の場合には代理での交渉や申し立てをしてもらえますが、司法書士や行政書士の場合には、代理になることができませんので書類を作成するのみで、申し立てや裁判官とのやり取りなども自分で対応をしなければなりません。もちろん、司法書士などに依頼をする方が料金は自分で安いですが、複雑な手続きを行ったり、会社を休んだりしていれば、結果的には高くついてしまうことになります。また、手続きの完了に至るまでの時間も長くなりますので、結局、弁護士に依頼をした方がずっと安く問題を解決することができるのです。また、弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士が介入した時点で借金の取り立てや返済がストップされますので、精神的な負担を和らげる効果もあります。その分、生活を早く立て直すこともできますし、仕事や家事にも集中することができます。また、弁護士が客観的に既存の負債について説明をしてくれて、問題解決までの適切なアドバイスをしてくれますので、今後、返済が残ったとしても、返済へのモチベーションがアップします。債務整理には、弁護士が債権者と返済の方法や返済額について交渉をして、将来の利息をカットしたり長期的な分割での返済をするなど、支払いが可能になるような条件にしてもらう「任意整理」のほかに、債務を大幅に免責してもらい、それを3年で支払うという計画案を裁判所に認可してもらう「個人再生」、手持ちの20万円を超えるような財産や99万円以上の現金をすべて換価処分して債権者に等分に分配したうえで、それでも残ってしまう借金については返済を免除してもらう「自己破産」などがあります。また、払い過ぎてしまったお金を貸金業者から返還してもらうための「過払い金返還請求」も、債務整理のひとつであると言えます。いずれの方法もメリットがあれば、若干のデメリットは生じますが、それでも現状の借金を抱えて生活をしていくよりは、ずっとマシです。というのも、この先に返済の見込みがあるのであれば、とくに問題はありませんが、返済の見込みがないのであれば、いずれどこかで全てを失ってしまうことになります。債務整理の手続きについては、債務者の現状の収入の状況や借金の返済状況、就いている職業などによって、ベストな解決方法が異なります。法律に明るくない素人では、なかなか判断しにくいため、そこはやはり法律のプロである弁護士に相談をするのが得策です。いずれの債務整理を行ったとしても、最も大きなデメリットといえば、債務整理の手続き完了後には、信用情報に債務整理の履歴が掲載され、いわゆるブラックリストとなりますので、5〜10年の一定期間はカードローンやキャッシングなどの利用をすることができなくなります。しかし、お金が借りられない生活をすることは、自分自身を守ることにも繋がります。また同じようにお金を借りることができれば、すぐにまた負債をつくってしまう可能性があります。お金を借りることができない生活を身につけるための良い期間だと、前向きに考えましょう。債務整理の手続きを行う場合には、一般的には、少しずつでも返済をすることを前提とした「任意整理」が債務整理の方法としてはお勧めですが、これも個々の状況によって異なります。もしも、一度「任意整理」の手続きを完了して、暫く返済をしていたものの、経済の悪化や会社の倒産などで返済することができなくなったという場合には、その後に「自己破産」への手続きに変えることも可能です。まずは、少しずつでも返済をしていくことを前提として、手続きを進めるのも良いでしょう。とはいえ、現在、働いていない場合やリストラされたという場合には、すぐに引き続き返済を行うことは不可能ですよね。その場合には、財産をすべて処分をして返済をする「自己破産」の手続きが進められます。このように、多重債務者に対して法律で問題を解決する方法はいくつか用意されていますので、一人で悩んでいる必要はありません。1日でも早く借金の問題を全面解決して、生活の立て直しを図りましょう。問題解決をするための第一歩として、まずは開き直ることが大切です。お金の心配事がなくなるのであれば、何でもできるくらいの気持ちが大切です。次に、債務整理を得意とする弁護士を探して現状をすべて正直に話し、自分自身にどのような債務整理の方法が最適であるかアドバイスを受ける。次に、問題解決に向けて手続きを進めていくということです。心のどこかで懸念事項となっているお金の問題をすべて解決して、今すぐに心の負担を軽減させましょう。