減らない借金、収支の見直し方法

MENU

減らない借金、収支の見直し方法

借金が減らない大きな要因となるものとしては、「単純に毎月の返済金額が少なすぎる」か、もしくは「利用方法が悪い」という場合が非常に多いです。特に大きな要因となっているものは前者で、「どうすれば効率よく債務を減らしていくことが出来るのか」は必ず覚えておかなければいけません。

 

先に後者の説明をしていきます。利用方法が悪いという意味は、例えば「借りる・返すを繰り返している状態」では債務が減らない状態になりやすいという意味です。仮に10万円の返済をして9万円元金を減らすことが出来たとしても、その後すぐに借り入れ可能となった9万円を借りてしまったのでは実質的に1万円しか返済出来ていないことになります。しかも、その1万円は大半が利息として充当されてしまうことになる為、現実的には元金が1円も減らない可能性も考えられます。

 

100万円の借入れをしている状態で、毎月10万円ずつ返済していけば1年以内に完済することが可能です。金利によっても変わってきますが、少なくとも1年間10万円の返済を継続していくことが出来れば100万円を完済できる可能性は非常に高いと言えるでしょう。しかし、上記例で挙げたような利用方法をしてしまった場合、1年経った段階でも元金残高がほとんど変わっていない可能性が非常に高くなります。

 

要は、1年間に支払った120万円のほとんどが利息もしくは返済以外の目的で使用されていることになってしまうということになるので、実質的には1万円ずつ1年間返済していた場合と変わらない状況になってしまいます。一般的な金利である18%で借り入れしているとすれば、年間に利息だけで約18万円の支払いが必要となるため元金は全く減っていなくとも不思議はありません。

 

このような状況では完済を目指すことが出来るはずもなく、「いつになっても借金が終わらない」と感じる状況になりやすい状態です。このような状態を打開するためには、「1円でも多く返済できるような態勢を整えていく」と言うことが大切です。

 

実際に計算してみると分かりやすいのですが、借金を効率よく減らしていくためには「多少の無理をしてでも月々の返済金額を増やす」と言うことに非常に大きな意味があります。例として、100万円(金利18%)を返済する為に必要な利息は18万円(年間)だと仮定すると、1年で完済する場合であっても返済総額は118万円必要になります。月に換算すると約10万円と言うことになる訳ですが、実際にはそれ以下の金額で完済することが出来ます。

 

その理由は、「前回返済時の元金残高に応じて発生する利息が変動する」というような仕組みになっているためです。契約内容によっては、元金残高に関係なく毎月一定の利息を返済していくような契約方法もあります。その場合にはほぼ確実に一定期間で完済することが出来るというメリットがあるのですが、その分毎月の返済は大変になる可能性が高くなります。

 

毎月の返済金額は決まっていなかったとしても、出来る限り月々の返済金額を多くするように意識しておくと翌月以降の利息を減らすことが出来ます。具体的な例を挙げると、100万円(金利18%)の初回返済時に50万円の返済をしたとすると、2回目の返済時に生じる利息は50万円の18%になります。単純計算で半分の利息で済むことになる為、そこからは返済金額を減らしたとしても効率よく残高を減らしていきやすくなります。

 

と言っても、元金残高が減ったことで安心し、返済金額自体を極端に減らしてしまっては何の意味もありません。毎月50万円の返済をする必要はありませんが、少なくとも「9万円の月割分である8000円の3倍」程度の返済が出来るような体制を整えることが大切です。

 

実際にそのような利用をしていると体感出来るのですが、借金は「ある段階から加速度的に残高が減っていくような感覚」を感じることが出来ます。毎月3万円の返済をしていたとして、最初の内は生じる利息も大きいので「減らない」という感覚を感じやすいものですが、徐々に元金が減るにつれて利息も少なくなっていくため、同じ3万円でも元金として充当される金額が増えていきます。

 

最初の内は1万円以下の元金充当額だったとしても、それが1万5千円となり2万円となっていくにつれて返済1回当たりの元金減少額が増えていくため、「目に見えて債務が減っているような感覚」が感じられるようになります。

 

その為に大切なことが「自分の収支状況を正確に把握する」ということです。収入・支出の全てを正確に把握し、特に支出に関しては必要なものと不要なものをしっかりと分けて考えるようにします。必要な支出は当然無くすことが出来ないものですが、例えば趣味に使うお金などは自分のさじ加減である程度はコントロールすることが出来ます。一つ一つは小さな金額しか節約でk無かったとしても、そこで節約した分が元金減少に貢献してくれるので、最後には大きな意味を発揮してくれます。