なかなか減らない借金の悩みは弁護士に相談しましょう

MENU

なかなか減らない借金の悩みは弁護士に相談しましょう

ローンの中でもなかなか減らないのがキャッシングやカードローンでしょう。
これらのローンは金利が高いので、利息が大きくて遅延するとあっという間に債務が膨らんでしまうのです。
住宅ローンなどの高額ローンを利用している方にとっては、キャッシングから借りる100万円は大した金額ではないと思うかもしれませんが、実際に返済を始めると簡単にはいきません。
実質年率は10%を軽く超えており、借入額が大きくなるほど利息の支払いは大変になるのです。
利息が大きくなってくると、なかなか元金が減らなくなってきます。
毎月3万円ずつ返済しているのに、ほとんど元金が減っていないという方もいます。
そもそもキャッシングやカードローンを利用される方は、お金に余裕があるわけではありません。
金銭的に余裕のない状態で借金をしているわけですから、簡単に返済できるはずがないのです。
返済シミュレーションをして具体的な完済時期が見えているなら、そのまま返済を続けるべきでしょう。
債務整理をするとブラックリストに載るので、なるべく避けたほうがいいのです。
ブラックになると最低5年間はローンを組めないので、今後のローン計画にも影響が出てくるでしょう。

 

借りたお金は自力返済するのが理想ですが、返済できない借金なら放置してはいけません。
返済しているつもりになっていても、実はほとんど元金は減っていないというケースは多々あります。
キャッシングで完済まで10年以上かかるようなら、債務整理も検討してみるべきです。
利息は日数で加算されるので、10年も借りているととんでもない利息がつきます。
昔はグレーゾーン金利が黙認されており、今よりもかなり高い金利設定になっていました。
10年前のキャッシングを利用していた方なら、29.2%で借りていた方もいることでしょう。
現在は上限利率が20.0%と低くなりましたが、これはグレーゾーンが廃止されたからです。
これは借り手にとって非常に嬉しいことですが、まだまだ高金利ローンには変わりありません。
住宅ローンや自動車ローンなどの多目的ローンと比較すると、驚くほど高金利になっているでしょう。
返済できない借金は放置することなく、速やかに専門家に相談して解決するべきです。
弁護士は債務整理の実績が豊富にあるので、司法書士よりもおすすめです。
最近は司法書士も債務整理を行っていますが、140万円を超える借金は整理できません。
そのため過払い金請求をすると、回収できる金額に差が出てくるのです。
報酬はそれほど大きな差はありませんから、最初から弁護士に依頼しておくのが得策と言えるでしょう。

 

弁護士に相談をする時期は、すべて自分で決めるしかありません。
返済に困ったときに、貸金業者が弁護士に相談するように勧めてくれることはないのです。
自分がその気にならないと、いつまで経っても債務整理は行えません。
債務整理をすると確かにブラックになるため、躊躇したくなるのは当然と言えます。
しかし、債務整理をしなくても長期的に延滞してしまうと、同じようにブラックになってしまうのです。
それならば債務整理をして解決したほうが安全ですし、債務を大幅に減らせるだけメリットは大きいでしょう。
債務整理は法的に解決する方法であり、弁護士が受任通知を業者に提出すると即座に取立て・回収はなくなります。
最短即日で取立てが来なくなるので、取立てに困っている方は今すぐに依頼しましょう。
相談費用は原則として無料になっているので、お金の心配なく相談できるでしょう。
相談では債務整理の方法、依頼するかどうかなどを決めていきますが、ほとんどの方はその場で依頼します。
費用対効果を考えると、弁護士に支払う報酬以上の借金減額が期待できますし、何より取立てを止められるメリットは大きいです。
返済できない債務を放置しておいても、さらに債務は膨れ上がっていくだけです。
債務が大きくなるほど解決策は限られてきて、最終的に自己破産しかなくなる可能性があります。
自己破産だけは避けたいという方こそ、1日も早く相談するべきでしょう。

 

とりあえずは身内や友人に相談するという方もいますが、これで解決する可能性は非常に小さいです。
親族や友人からお金を借りてしまうと、余計に面倒なことになることでしょう。
貸金業者から借りたお金なら債務整理をすればスッキリと解決できますが、友人から借りた借金となればそうはいきません。
返済不能だと自分で判断したら、迷わず弁護士に相談をしてください。
30分程度の短い相談時間で、大まかな対策が見えてくるでしょう。
あとは依頼するかどうか自分で決定するだけです。
早く相談・依頼をするほど、債務が少ないうちに解決することができます。
早期の段階だと自己破産以外にも、個人再生や任意整理といった方法が使えます。
どんなに高額の債務でも解決は可能ですが、早い段階のほうが選択肢が多い分だけよいのです。
特に連帯保証人付きのローンを利用している方は、任意整理で処理できる段階で相談したいものです。