自己破産したら本当に借金が帳消しになるのか?

MENU

自己破産したら本当に借金が帳消しになるのか?

 

自己破産したら本当に借金が帳消しになるのか?

変な話だと思う人が多いのですが、自己破産の手続きを済ませれば、間違いなく借金は帳消しになります

 

貸した方からすると、冗談じゃないという感じですが、現在の制度からすると間違いがないことです。

 

もちろん、個人が貸元である場合は、貸した方からするととんでもないことになりますが、こうしたケースはサラ金とかという街の金融機関が貸元で、そういうところは、ほとんどが保険を掛けることで万が一に対処しています

 

だから、ざっくりしたことを言えば、毎月取りたてる手間暇を掛けるよりも、自己破産してもらい、保険で帳尻を合わせる方が手間暇がかからず、効率がいいということになっていることも事実です。

 

それまでは毎日取りたてやってきて、ご家族も含めて、いてもたってもいられないというような状況になりますし、親御さんのところや場合によると親戚にも迷惑が掛かります

 

皆さんが何とかカバーしてあげようと、なけなしのへそくりなどで少しでも返済の足しになるようにと助け船を出しますが、こうした場合は焼け石に水で、むしろ、いかがわしい金融業者の思うつぼで、美味しい餌食となっているのが現状です。

 

ですから、目安としては500万円以上の元金、利息がたまってしまったら、思い切って自己破産の手続きを進める方が賢明です

 

近くの司法書士とか弁護士など法律に精通した人に頼べばいいのですが、どこに頼んだいいのかとかが分からない場合は、「法テラス」という国の機関をネットで検索し、相談にのってもらったらいいでしょう。近くの司法書士や弁護士を無料で紹介してもらえます。

 

その後ですが、手数料が必要なことは確かですが、過払い金請求ということがあり、通常は法定を超えた利率で請求されていることもあって、お金が返ってくることが多いのです。その範囲で、手数料を賄えることになります

 

ついでですが、自己破産の手続きをした途端に、取りたて行為がピタッと止まります。そういう法律関係になっているからなのです。