借金返済の専門で優秀な弁護士に無料相談をして減額する方法

MENU

弁護士・法律事務所に無料相談するなら知っておくべきこと

弁護士の無料相談

借金問題に関する法律相談は、多くが無料

借金問題に関する法律相談は、有料だった時期もありますが、近年は弁護士の激増に伴う競争の激化により、借金問題を扱う弁護士や司法書士のほとんどは、借金問題に関する無料相談を受け付けています。

 

弁護士・法律事務所に無料相談

無料相談には、電話のみによる相談と面談による相談がありますが、実際に事件処理を依頼することも視野に入れている場合には、面談による相談を受ける必要があります

 

面談による相談を受ける際には、あらかじめ電話で相談の予約を入れるのが一般的です

 

面談の際には、まず担当の事務職員が債務額や債権者数、債務が増えた経緯、収入や資産の状況、事件処理に関する意向などについて事情聴取を行い、その結果に基づいて弁護士司法書士との面談を行うというのが一般的な流れです。

 

必須というわけではありませんが、面談の際には通帳や金融業者との契約書類など、債権者名や残債務額、お金の流れなどが分かる書類を持参しておくと、面談がスムーズに進みます

 

無料相談を受ける際の注意点

 

ただし、このような無料相談を受ける際には、いくつか注意点があります

 

まず、ほとんどの弁護士や司法書士は、何とか有料の事件受任につなげようとして無料相談を実施していますので、面談の際には直ちに事件処理を依頼するよう強く勧誘されることが多いです。

 

他の弁護士や司法書士の話も聞いて、依頼するかどうかじっくり判断したいという場合には、弁護士や司法書士から事件処理を依頼するよう強く勧誘されても断る勇気が必要になります。

 

次に、無料相談の対象となるのは一般的に借金問題だけであり、借金問題以外の法律相談や、借金問題以外の相談については有料となる場合が多いです

 

例えば、妻や夫と別れたい、先物取引やFX取引で損害を受けたなどという相談は、法律相談ではあっても一般的な意味の借金問題ではないので、借金問題に関する無料相談では取り扱ってもらえないのが通常です。

 

また、無料相談を受ける人の中には、無料だと思って相談したい内容の要点を整理することもなく、漫然と仕事上や生活上の愚痴などを話してしまう人もいますが、弁護士や司法書士はカウンセラーではないので、そのようなことを相談しても時間の無駄です。

 

話の内容が借金問題からあまりに脱線していると、話を最後まで聞いてもらえずに面談を打ち切られてしまう場合もありますので、無料相談を受ける際には、最低限「借金の額がどのくらいあるか」「借金をどうしたいのか」「何を質問したいのか」くらいのことは事前にまとめておくのが望ましいといえます