借金相談無料のおすすめ弁護士

MENU

借金が辛くても生き残れるアイデア

借金が辛くても、生き残れます。借りたお金は返さなければなりませんが、あまり自分を追い詰めすぎるのもよくありません。だれにでも、失敗をしてしまうことがあります。法律は、失敗をしたらそこで人生が終わりというようにはできていません。失敗をしてしまった人でも、やり直せる制度を用意しています。借りたお金を返せなくなったら、債務整理という手段が残されています。

 

債務整理の中で、最もよく利用されるのが、任意整理という手続きです。任意整理をすると、利息と遅延損害金をゼロにすることができます。まだ借金を延滞していない状態なら、そこから任意整理をすることで、将来にかかってくる利息をゼロにしてもらえます。それまでの金銭消費貸借契約は、その時点で一旦契約終了となり、金利をゼロにした、新しい契約を結び直すと考えるとわかりやすいでしょう。すでに延滞をしてしまっている人や、契約を強制的に解除されて、滞納を続けている人は、遅延損害金も免除してもらうことができます。

 

任意整理をすることには、当然ですが、デメリットがあります。デメリットがなければ、だれも約束通りに返済をしようとは考えなくなってしまいます。任意整理をすると、およそ5年間の間、ブラックリストにのってしまい、金融機関からの信用がなくなってしまいます。しかし、5年が経過すれば、信用情報から記録が消えるので、デメリットはなくなります。ただし、任意整理をした金融機関では、社内記録に残っていて、いつまでも影響してしまう可能性があります。

 

ブラックリストにのってしまうというデメリットは、人によって大きかったり、小さかったりします。地方に住んでいて、車がないと生活ができないという人は、自動車ローンが組めないことで、生活に支障が出てしまう可能性もあります。賃貸契約の保証会社の審査に影響することもあるので、支払う保証料が高くなったり、物件の選択肢が限られてしまうというデメリットも受けるかもしれません。一方で、5年間一度もローンを組む機会がなかったという人など、ほとんどデメリットなしだったということもあります。

 

債務整理には、個人再生や自己破産という方法もあります。借金の金額が大きい場合には、任意整理では解決できないので、自己破産をしなければならないという状況になっているかもしれません。個人再生では借金をゼロにはできませんが、資産は没収されずにすみます。自己破産をすると、原則としてすべての債務がゼロになりますが、資産価値のあるものはすべて没収されます。

 

また、過払い金が発生している場合には、すでに債務がゼロになっているということもあります。自己破産をしなければならないと思っていたのが、過払い金を引きなおし計算すると、借金の金額が小さくなり、任意整理で解決できるようになるということもあります。

 

債務整理のうち、どの方法がベストなのかということは、素人では判断が難しい問題です。まずは弁護士に相談をして、アドバイスを受けてみましょう。弁護士に相談をすると高額な費用がかかると考えている人がいますが、相談をするだけなら高額な費用はかかりません。初回の1時間くらいは無料で相談を受けてくれるということもあります。

 

一定の資金条件を満たしていれば、法テラスの無料相談を受けることもできます。法テラスでも、弁護士が相談にのってくれますが、3回まで無料になるので、有効活用してみましょう。

 

正式に弁護士に依頼をするとなると、一定の費用がかかります。相談の段階で、どれだけ借金を減らせるのか、どのようなデメリットがあるのか、弁護士費用はいくらかかるのかということなどをしっかりと聞いておき、メリットとデメリットを比較して、総合的にメリットがある場合に依頼をしましょう。