借金相談無料のおすすめ弁護士

MENU

借金が辛くて悩んでいる方のストレス解消方法

日本人の3人に1人は借金をしていると言う統計が出ています。
実際には、もっと多いとも言われており、2人に1人とも言われています。
お金を借りなければいけない理由は様々です。

 

学費の為奨学金を借りたけれども、返済が出来ないと言う問題も起こっています。
学校に行く為の資金を直ぐには用意出来ない場合は、卒業後、就職してお金を稼いでから返済するといった将来のビジョンを描いていたとしても、実際には就職が上手く出来なかった。或いは、就職できたとしても、思っていた程の給料が貰えていないといったことが現状にあります。
お金を借りる上で、夢や将来の為の資金として調達した場合、今後どのように返済していくかのビジョンをどれだけ思い描いていたとしても、現実は理想通りとならない。なんてことが、昨今では起きてしまっています。
また、どうしても、今すぐ車が必要な場合や、生活資金が必要な場合など、切羽詰まった状態で借りてしまい、中々返済の目処が立たないといったことも起こっています。
もちろん、計画通りに進んでいたとしても、まだいくら残っているといった不安材料がストレスになります。
実際の借金を減らすには、しっかりと返すしかありませんが、心の不安を取り除くことは、出来ます。
現実には、借金なんて物は約束の上でしか成り立っていません。
確かに、契約上の書面や返済の為の手紙が届くことがありますし、返済期日にまでに指定の金額を返せないでいると、利息などのペナルティが付くことがありますが、丸一日そんな書類に目を通して過ごしているなんてことは現実的に考えてありません。
起きたら、ご飯を食べる、お風呂に入る、仕事や学校に行くなどといった行動を必ずします。
最低でも、トイレには行きます。
辛い思いをしているのは、頭の中で考えるからであって、考えていなければ、ストレスにはなりません。
寝ても覚めても考えてしまうといった方も中にはいらっしゃいますが、考えていない時間はないのかを問いかけてみましょう。
自分がそのストレスの原因となっている事を考えていない時、自分は何をしているのか、何を考えているのかを、思い出してみます。
例えば、料理を作っている時は、次は卵を炒めるといった何をするかを考えて、行動しています。
その時、借金の事は考えてはいないでしょう。
大抵の場合、1人で家にいる時や、ちょっとゆっくりしたいと感じた時に嫌なことを考えてしまうものです。

友達や家族と一緒にテレビを見ているなり、散歩に出かけている時、将来の夢や希望を語る時などは、借金の事は頭から離れていることが多いです。
そういった時間を持つことが、ストレスの軽減に繋がります。
あまり頭で深刻に考えた所で、金額が減ることはありません。
時間や行動が解決してくれます。
それまでの間、抱えている悩みからご自分を解放させる為に、まずは散歩に出るなどの行動を取りましょう。
不安や悩みを持ったままで、決断すると、大抵良くないことを決めていく物です。
どうしても、考えてしまう場合は、ストレスになっている原因は、悪い方向に考えてしまっているからです。
逆に楽観的に物事を考えて、借金が全て返済出来ている自分を想像しながら物事を決めていくと、自然と返済出来る選択を選ぶようになります。
大企業の社長や成功者はほとんどがポジティブな考えを持っています。
窮地に立たされた時でも、成功している自分を想像して決断していった結果、成功出来たと言われる方が多いのです。
ネガティブに物事を捉えてしまいがちですが、悩みから解放されている自分を想像し、実際に、悩みから解放されている自分を作り上げていきましょう。
終わってしまえば悩みなんてなくなります。
辛かったことも、きっと笑って話せる時が来るでしょう。