借金が減らなくて辛い転職

MENU

借金が減らなくて辛いなら、転職はありか?転職で収入は増えるのか?

借金をしている人は当然毎月返済をしていく必要があるのですが、しっかりと収入があるのになかなか借金が減らなくてつらいと言う人は少なくありません。そのような人たちの多くは借金を返済することができる能力としての収入を得ているのですが、実はそもそもの収入がそれほど高くないということがほとんどです。収入が高くないということはそれだけ借金返済に充てられる金額が少なくなるということであり、返済に充てる金額以外にも日常生活を送るために必要な費用も確保しなければならないので結果的になかなか返済することができないと言う悩みを抱えることになるのです。

 

このように返済能力はあるのに返済に充てる事が出来る金額が確保できないと言う人は長期間の返済期間を設けてしまうことが多く、長期返済をしていくことによって金利がどんどん膨らんでくるのでなかなか借金が減らないと言う悪循環に陥ってしまいます。単身世帯であればある程度節約することによって返済に充てる金額を増やすということもできるのですが家族がいる場合はなかなか難しいと言う人も多いですし、ボーナスなどが支給されなかったり給料が安くなってしまったなど不測の事態が起きてしまうとそれこそ返済することができなくなってしまうと言う可能性も出てきます。
このような悩みを抱えている人におすすめされているのが転職であり、返済して余裕のない収入で過ごすよりも返済してもある程度余裕のある収入の仕事をする方が当然生活も楽になりますし、短期間で返済することができるようになるので精神的な負担も軽減することができます。つまり返済額が減らないと言うのであれば返済額を増やせるような仕事に変えてしまえばいい、という至極単純な提案になっているわけです。

 

ただし転職をすると言っても簡単なことではないですし、業種によっては転職をしてもあまり収入が変わらないという事もあります。それ以外にも年齢や家族の有無など色々な問題で転職に二の足を踏んでしまう人が多く、転職をして失敗して返済することができなくなるくらいなら今のままでいいと考えている人も少なくないようです。
ですがそこで考えてほしいと言われているのが返済期間です。現在の低収入のまま返済を続けていると後どのくらいで完済することができるのかという事を考えた時、低収入の場合は本当に途方もない数字が出てくるということも少なくありません。そしてその数字に対して自分自身の年齢を鑑みた時、返済できるかどうかを考えるとほとんどの人がすでに働けない年齢になっているという可能性が高いと言われています。場合によっては途中で病気になって働けなくなってしまうということも考えられますし、途中で返済することが難しくなる可能性などを考慮すると返済期間は少しでも短くしていくことが重要です。特に家族が入る場合は自分が働けなくなってしまった場合に返済の負担が家族に行ってしまうので、家族に迷惑をかけたくないというのであればなおさら自分が返済できる期間で完済する事を目指す必要が出てきます。
当然転職と言うものはやれば確実に成功すると言うわけではないですし、場合によっては生活水準が下がってしまうと言う可能性もあります。ですが転職することによって借金の返済期間が短くなればそれだけ金銭的な負担を軽減することができますし、完済した後は貯蓄をするなど自由にお金を使うことができるというメリットもあるので老後の準備をすることも可能となります。
これらの事を考えるとリスクがないわけではないですが、返済期間を短縮するためにも収入のある仕事に転職すると言う選択肢を考えることは重要だと言われています。