借金が減らなくて辛い

MENU

借金が減らなくて辛いどうする?借金の悩みなんて相談したら解消します

貸金業法の改正で、サラ金の全盛時代は終焉することになりましたが、今度は、何と天下の大銀行が個人向け債務商品に参入することでカードローン業界が最盛期を迎えようとしています。カードローンの場合には、銀行の他に、息を吹き返した消費者金融業者、信販業者、銀行も大手のみならず、ネット専用銀行、地銀、信用金庫などから、多くの種類の商品が提供されています。利便性も以前とは比較にならないほど向上しており、まるで借りてくださいと言わんばかりの状態です。
このような状況の中、当然のようにカードローンの返済に苦慮するようになり、債務整理を検討する人は続出しています。前回のサラ金問題と違うところは、前回は、高金利のサラ金の厳しすぎる取り立てが社会問題化しましたが、今回の場合には、あまりにも気軽に利用できるということからの多重債務問題が社会問題化しようとしています。サラ金時代の申込み方法といえば、店頭に出向いて申込むか、自動契約機で申し込むかというところですが、今回の場合には、自動契約機よりも便利なweb契約が主流となっています。つまり、通信環境とパソコンなどの端末さえあれば、自宅からでもどこからでも、いつでも申し込むことができ、審査時間も最短で30分、申し込みから契約までが1時間前後、契約が完了すると24時間365日リアルタイムでの振込サービスまで提供する業者も出てきました。
借金するということは、特に、日本人の場合には、悪いこと、あるいは、恥ずかしいことという感情がありましたが、それを感じさせないように誰でも気軽に利用できますというのがカードローンです、何せ、天下の大銀行から提供されたり、以前は、サラ金としてならした業者も、いまでは、銀行系の消費者金融と名乗っている状況です。しかしながら、借金するということは、当たり前のように返済し続け完済するという責任が発生するのです。つまり、返済できるあてがない限りは本来借りてはいけませんし、当てがある場合でも相応の覚悟を持って借りなければならないのです。
しかし、毎日のようにテレビでカードローンのCMがこれでもかというほどに流されている状態では、そのような覚悟も持って借りなさいというほうが無理な話となります。こうして、気軽に利用してしまいますが、これが驚くほど簡単に借りることができるのです。これに味を占めるわけではないでしょうが、少しお金に困るとすぐにカードローンを利用するようになり、簡単に2枚目、3枚目のカードローンを契約してしまいます。ところが、4枚目、5枚目のカードローンを契約しようとすると急に手のひらを返したように審査に通らないという状況が訪れます。4枚目、5枚目のカードローンを申し込むころには、多くの場合は、返済ができないために新たな借り入れをしようとしているところでしょうから、まさに借金地獄で苦しんでいる可能性が高いでしょう。しかし、そのような申込人には決して融資してくれるところはありません。
また、この状況になるとまじめな人ほど何とか返済しないと思い、おまとめローンを検討するのですが、多重債務者向けの商品なはずなのに多重債務者では審査に通らないようになっています。仮に、おまとめローンを契約できたとしても、ほとんどのケースでは、問題を先送りにするだけで問題解決に至ることはありません。
そして、遂には万事休すということで、精根使い果たして、ようやく弁護士事務所の無料相談を受ける決意をします。弁護士さんなどの専門家に相談すると、いとも簡単に問題解決の方法を提案してもらえます。何故、もっとはやく相談しなかったのだろう、ほとんどの相談者はそう思うことになります。ここに借金問題の非常に重要なポイントがあります。1人で悩まずに少しでも早く専門家に相談するということです。