自己破産でブラックリストに載る

MENU

自己破産するとブラックリストにのるの?解除されるには?その場合に気を付けることは?

ブラックリストというリストは正式には存在せず、これは個人信用情報機関に登録される事故情報のことです。
自己破産をするとブラックリストにのりますが、これはペナルティなので仕方のないことです。
どのような債務整理でもブラックリストにのるので、これは最初から覚悟しておく必要があります。
ブラックになる期間は5〜7年と言われており、その期間中はローンの利用ができません。
登録期間は個人差があり、5年未満で解除される方も稀にいます。
自己破産後にいち早く経済基盤を整えることができれば、ローンを利用できるのはそう遠くはありません。
大切なのはブラックの期間中に収入を安定させること、そして収支のバランスを改善することです。
失職によってやむを得なく自己破産を選択する方もいますが、浪費による借金で破産する方も少なくありません。
ギャンブルによる借金は免責がおりないと言われていますが、最近はおりるケースが増えてきています。
買い物依存症、ギャンブル依存症により多額の借金を抱えて、返済不能になる方は意外と多いのです。
買い物依存症は女性に多く、ストレス解消法としてショッピングを重ねることで借金を増やしてしまうケースが多く見られます。
ギャンブル依存症は男性に多く、負けるギャンブルを繰り返すことで借金を増やしていくのが普通です。
いずれの場合も収支のバランスに見合わないお金の使い方をして借金を増やしているのです。
破産をして借金がゼロになっても、浪費癖が改善しないと同じことを繰り返します。

 

ブラックを早く解除する方法は存在しないため、解除されるまでひたすら待つしかありません。
その期間中はローンやクレジットカードのことは頭から消して、現金生活を徹底しましょう。
本来、ローンというのは欲しいものやサービスを前倒しして入手するために利用するものです。
借金をするという行為は、未来の自分からお金を借りているのと同じことです。
ローンに依存した生活を送っているほど、将来は貧乏になってしまうと認識しましょう。
お金というのは借りるときは意外と簡単ですが、返すのは楽ではないのです。
だからこそ返済できる金額を把握し、その範囲で借りていく必要があります。
また返済できる範囲内だとしても、必要のない借入をしてはいけません。
借金することが癖になると、欲しいものを我慢しなくなるからです。
欲しいものを何でも入手できるのが理想でしょうが、現実的には必ず我慢も必要となります。
ついつい衝動買いをしてしまう方は、その場で買わずに待つという選択肢も考えてみましょう。
3日待つだけで、欲求が消えてしまう場合は少なくありません。
3日で欲しくなくなるなら、自分にとって必要のないものだったのです。

 

収支のバランスを把握するには、毎月のお金の出入りを知ることが大切です。
家計簿をつけると収支のバランスがよくわかり、節約をする上でも役立ちます。
節約とは無理にお金を使わずに我慢することではありません。
不必要なことにお金を使わないように意識することなのです。
将来にとっての投資になるなら、それはムダなお金ではないでしょう。
お小遣いの範囲で消費することも健全ですが、浪費だけはしてはいけません。
浪費とはムダ遣いのことであり、これが多いほど借金も増えていきます。
浪費癖のある方は自覚していないケースが多いため、家計簿をつけてみるとよいでしょう。
浪費をしないためには、日々のムダ遣いを把握しないといけません。
1日数百円のムダであっても、ひと月で1万円を超えるムダになることは多いです。
それが数年も継続すれば、数十万円を超える金額になっていきます。
しかも浪費するために借金をしていると、利息も加算されるのでさらに経済的に逼迫するのです。
この場合に使用するローンは、高金利のキャッシングやカードローンでしょう。
利用枠内で繰り返し利用できる利便性があるのはメリットですが、それゆえに注意しないと使いすぎになりやすいです。

 

自己破産をしてブラックリストにのったら、ブラック期間中はお金の使い方を見直す期間だと考えましょう。
必然的にローンの利用ができなくなるので、毎月の余剰金の範囲でお小遣いを用意することになります。
お小遣いを全額使い切ってしまうと貯金できないので、お小遣いと貯金分を半々くらいにわけていきましょう。
貯金がまったくないと緊急時の出費に対応できなくなり、親族や友人から借りることになりかねません。
借金癖のある方に共通するのは、貯金するのが苦手なことです。
稼いだお金は全額使い切ってしまうという方は、ローンで失敗しやすいと認識しておきましょう。
毎月安定して貯金していくためには、貯蓄預金を利用するのもよいです。
貯金を確保しておけば、急な出費があってもローンに依存せずに乗り切ることが可能なのです。
自分の預金ならいくら使っても、利息が発生することはありません。
100万円程度の貯金があれば、緊急の入用があってもキャッシングやカードローンを利用しなくて済むでしょう。

関連ページ

自己破産とは?メリットとデメリット
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
自己破産のメリットとデメリット-するべきか?リスクは?
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
自己破産の手続きと流れ
弁護士が教える!借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
連帯保証人への影響
自己破産した場合、連帯保証人にはどの様な影響や責任が生じるのでしょうか?
家族名義の財産
自己破産をする場合、家族名義の財産、私財、貯金への影響は?守るためにはどうしたら良いか?
どの程度の借金で自己破産すべきか?
自己破産をする時の基準、借金の程度はどのくらいでなのか?
自己破産後の借金
自己破産した後に借金をすることは可能なのか?そもそも借金・お金を貸してくれるところはあるのか?
携帯電話について
自己破産したら携帯電話は使えなくなるのか?既存の携帯を使い続ける方法や新規契約の方法と可能性について
残せる財産は?
自己破産しても残せる財産とは?没収されない財産はあるのか?
任意整理後の自己破産
任意整理後に自己破産した場合の責任について
生命保険について
自己破産する場合、生命保険は差し押さえ対象になるのか?自己破産後は新規で生命保険加入できるのか?
簡単にする方法
自己破産を簡単にすぐにできる方法は?お金をかけたくない人は必見
法テラスで相談
自己破産の相談を法テラスや無料相談を検討するなら、無料で相談できる弁護士に相談がよりおすすめです