どの程度の借金金額で自己破産すべきか?

MENU

自己破産はどの位の借金金額でするものか?

芸能人や有名人が自己破産をする場合、億単位の借金を抱えているという事は少なくありません。
その為、億単位等、とても多くの借金がある人が手続きを行うものというイメージを持つ人は少なくありませんが、実際は少ない金額でも手続きを行う事が出来ます。
行う場合の金額には決まりはなく、人によっては100万円前後の借金でも手続きを行う事が出来ます。
ただ、少ない金額で手続きを行えるかどうかは、その人の収入によって大きく変わってきます。
100万円という金額を多いと考える人もいれば、少ないと考える人もいます。
それは、年収や金銭感覚が人によって大きく異なる為です。
年収が100万円から200万円程度の人にすれば、100万円という金額は大金です。
100万円の借金が残っており、これから先も返済を続けていく事を考えると、とても大変だと感じてしまう事は少なくありません。
ですが、年収1000万円以上ある人から見れば、100万円はそれ程の金額ではありません。
更に多い年収の人からすれば、月収が入れば一括返済も可能という状態になる事もあります。
それだけに、金額に対する感覚は人によって大きく変わってきます。
自己破産の手続きを行う場合も、その人が本当に返済困難な状態に陥っているかどうかが重要視されます。
その為、年収が1000万円以上ある人が、100万円の借金で手続きをしようとしても認められにくい状態となります。
それに対して年収200万円以下の人が100万円の借金で手続きをした場合は、問題なく認められやすい状態となります。
ですから、手続きをする時の金額に決まりはありません。
少ない金額で手続きをする事も可能であれば、とても高額になっても手続きは可能となっています。

そして、手続きが終わり免責が認められれば、借金の返済義務はなくなります。
ただ、注意をしておかなければいけないのが、借金の内容です。
借金をする理由は人によって様々です。
生活に困窮をして借金をする人もいれば、趣味の為に借金をする人もいます。
人によっては、知り合いの連帯保証人になってしまった事によって借金を背負ってしまう人もいます。
自己破産の手続きをする際、借金の内容によっては、免責が認められない事があります。
それはギャンブルや贅沢の為に借金をした場合です。
ギャンブルを好む人の場合、ギャンブル資金の為に次々とお金を借り、返済が難しい状態になってしまうという人は少なくありません。
返済が困難になっても、手続きをすれば借金は全額、返済義務がなくなると簡単に考える人もいますが、ギャンブルで作った借金はその対象にはなりません。
ですから、ギャンブルの為にお金を借りる場合は、返済義務はなくならないという事をしっかりと意識しておく事が大切です。
同じように、贅沢をする為に借りた借金も認められない事になります。
ブランド品を購入したい、貴金属を購入したい、豪勢な旅行をしたい、美味しい食事を楽しみたい等、贅沢を目的におこなわれた借金も対象外となる為、借りた後は返済をしていくという事を意識しておく事が大切です。
ただ、自己破産は認められないだけで、借金の理由を問わない任意整理と個人再生は行う事が可能です。
任意整理も個人再生も借金再義務がなくなるという訳ではありませんが、行う事で今よりも返済しやすい状況、借金の金額によっては大幅減額が認められる事になります。
そんな借金の悩みを解消する為の様々な債務整理を行いたいと考えた場合、まずは弁護士に相談をする事がおすすめです。
現在、借金に関する相談を専門的に受け付ける弁護士事務所も増えてきています。

こうした事務所の場合、無料相談が用意されているという事も少なくありません。
無料相談を利用すれば、現在の借金の悩みを解決する為に有効な債務整理の方法を知る事が出来ます。
更に、料金等について不安がある場合、この時点でしっかりと確認しておけば、その後、安心して債務整理の依頼をする事が出来るようになります。
弁護士に債務整理を依頼すると、ある程度の費用は必要になってきます。
借金の返済に追われ、大変な状態で、弁護士に支払うお金を作るのは無理と考えてしまう人もいるでしょう。
ですが、返済の目処が立たない借金を抱えたまま生活をしていくと、様々な事が悪循環し、更に状況は追い詰められていくという可能性があります。
それを考えると、債務整理が可能であれば、手続きをしておく事がおすすめです。
借金の悩みから解放されれば、そこから生活を立て直していく事が出来ます。
借金の悩みが軽減するだけでも、今後について落ち着いて考える事が出来る余裕が出てきます。
余裕がない生活をしていると、日常生活にも影響が出る程、様々な事が悪循環をしていく一方となります。
それだけに、悩んでいるのであれば、弁護士に相談をする事がおすすめです。
年収によっては高額の借金でなくとも、自己破産も可能となっています。

関連ページ

自己破産とは?メリットとデメリット
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
自己破産のメリットとデメリット-するべきか?リスクは?
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
自己破産の手続きと流れ
弁護士が教える!借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
連帯保証人への影響
自己破産した場合、連帯保証人にはどの様な影響や責任が生じるのでしょうか?
家族名義の財産
自己破産をする場合、家族名義の財産、私財、貯金への影響は?守るためにはどうしたら良いか?
自己破産後の借金
自己破産した後に借金をすることは可能なのか?そもそも借金・お金を貸してくれるところはあるのか?
携帯電話について
自己破産したら携帯電話は使えなくなるのか?既存の携帯を使い続ける方法や新規契約の方法と可能性について
ブラックリストに載る
自己破産した場合に掲載されるブラックリストとは?どの程度の解除されるのか?入手方法
残せる財産は?
自己破産しても残せる財産とは?没収されない財産はあるのか?
任意整理後の自己破産
任意整理後に自己破産した場合の責任について
生命保険について
自己破産する場合、生命保険は差し押さえ対象になるのか?自己破産後は新規で生命保険加入できるのか?
簡単にする方法
自己破産を簡単にすぐにできる方法は?お金をかけたくない人は必見
法テラスで相談
自己破産の相談を法テラスや無料相談を検討するなら、無料で相談できる弁護士に相談がよりおすすめです