借金返済の専門で優秀な弁護士に無料相談をして減額する方法

MENU

自己破産とは?メリットとデメリット

自己破産とは?

多重債務者を救済するための法的手続

自己破産とは?

自己破産」というと、世間では非常に悪いことというイメージがありますが、実際の自己破産は、

 

借金の返済が出来なくなった多重債務者を救済するための法的手続きとして機能しており、決して恐れるようなものではありません

 

法的には、自己破産は破産法に基づく「破産手続開始の申立て」を債務者自ら行うことをいいます。

 

破産手続きが開始されると、破産管財人により破産者の財産状態等に関する調査が行われ、破産者の財産はその生活に必要最小限度のもの(自由財産)を除き、各債権者に対し平等に配当されますが、

 

債権者に対し配当できる財産がないことが明らかな場合には、最初から破産管財人が選任されないこともあります(破産管財人が選任されない破産事件のことを「同時廃止事件」といいます)。

 

破産手続きが終了した後は、裁判所による破産者の免責調査が行われ、一定の免責不許可事由に該当しなければ免責が許可されます。

 

実務上は、よほど悪質な事案でない限り免責は許可される傾向にあり、破産者の免責が許可されると、残った債務は法律上の返済義務をすべて免除されますので、返済不能な多額の借金を抱えた場合でも、自己破産により迅速な生活再建が可能になります

 

自己破産のデメリット

そんな自己破産にも、いくつかのデメリットがあります。

 

@  保険外交員、宅建、弁護士といった一部の資格や職業について、破産手続中は法律上の欠格事由に該当してしまう。

 

A  自己破産をすると、信用情報機関に事故情報として一定期間登録され、クレジットカード等は当分の間使用できなくなる

 

B  破産手続中は、海外旅行や転居に裁判所の許可が必要となる。

 

C  破産管財人が選任される事件では、一定期間破産者宛ての郵便物が破産管財人に転送され、管財人のチェックを受けることになる。

 

D  自己破産で免責が許可されると、その後7年間は、自己破産をしても原則として再度の免責を受けることはできない。

 

主なデメリットはこの程度であり、自己破産で多額の借金を全部帳消しにしてもらえることを考えれば、多くの場合大した問題にはならないでしょう。

 

ただし、自己破産は多額の借金があまりにも簡単に帳消しとされるためか、免責が許可された後も再び借金を重ねてしまい、弁護士に相談に来るという「リピーター」も残念ながら少なくありません。2回目以降は、自己破産による免責もそう簡単には認められなくなります

 

自己破産を利用する際には、「自己破産に頼るのは一生に一度だけ」という心構えを持ち、きちんと家計簿をつけるなど家計管理を徹底して、再び借金漬けの生活に戻らないように努力する必要があります

 

関連ページ

自己破産のメリットとデメリット-するべきか?リスクは?
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
自己破産の手続きと流れ
弁護士が教える!借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
連帯保証人への影響
自己破産した場合、連帯保証人にはどの様な影響や責任が生じるのでしょうか?
家族名義の財産
自己破産をする場合、家族名義の財産、私財、貯金への影響は?守るためにはどうしたら良いか?
どの程度の借金で自己破産すべきか?
自己破産をする時の基準、借金の程度はどのくらいでなのか?
自己破産後の借金
自己破産した後に借金をすることは可能なのか?そもそも借金・お金を貸してくれるところはあるのか?
携帯電話について
自己破産したら携帯電話は使えなくなるのか?既存の携帯を使い続ける方法や新規契約の方法と可能性について
ブラックリストに載る
自己破産した場合に掲載されるブラックリストとは?どの程度の解除されるのか?入手方法
残せる財産は?
自己破産しても残せる財産とは?没収されない財産はあるのか?
任意整理後の自己破産
任意整理後に自己破産した場合の責任について
生命保険について
自己破産する場合、生命保険は差し押さえ対象になるのか?自己破産後は新規で生命保険加入できるのか?
簡単にする方法
自己破産を簡単にすぐにできる方法は?お金をかけたくない人は必見
法テラスで相談
自己破産の相談を法テラスや無料相談を検討するなら、無料で相談できる弁護士に相談がよりおすすめです