債務整理の目安・タイミングはある?シュミレーションは可能か?

MENU

債務整理の目安・タイミングはある?シュミレーションは可能か?

債務整理の目安・タイミングはある?

債務整理の目安・タイミング

債務整理をいつ行うべきかということについては特段の規定があるわけでも無く、

 

個々人が自由に必要性を判断して行うかどうか決めるべきものと言えます。

 

ただ目安やタイミングが一切ないのかと言われるとそうでもなく、まず一つの目安になるのが「借金のための返済額が月収の1/3を超えた」という時です。

 

例えば月収が30万円なのであれば毎月10万円を借金の返済に費やすようになったということになると、生活はかなり苦しいものになっているはずですから債務整理を検討するべきであると言えるでしょう。

 

特にこの状態で放置している場合には何かの問題が起きた段階ですぐに返済不能に陥ってしまうこともあり得ますから、早い段階弁護士などに相談しておくことが有効です。

 

またタイミングとしては「月あたりの収入額が変化した」というのが一つのタイミングになるでしょう。

 

例えば転職によって収入の額が減った、失業によって収入が無くなったといった状況に陥ってしまった場合には、債務整理をして借金の返済負担を減らさなくてはなりません

 

そうした場合にはやはり弁護士や司法書士に相談してアドバイスをもらうべきとなります。

 

シュミレーションは可能?

さて、ではこうした債務整理を実際に依頼する前にシュミレーションは出来るのかについてですが、これはインターネット上にあるサービスを利用すれば可能です。

 

特に弁護士事務所や司法書士事務所を紹介しているサイトでは紹介をする前の診断としてシュミレーションを用意しているところも多く、そうしたところを利用すれば自分に適している債務整理の方法は何か、

 

また債務整理を行った場合どれくらい債務が減額されるのかと言ったことが見えてくるでしょう。ただやはり、シュミレーションと言うのは一種の目安に過ぎません

 

実際にはシュミレーションの結果よりも大きな効果が得られることもありますし、またシュミレーションほどの効果が出なかったということもあり得ます。

 

そうしたことを考えるとシュミレーションと言うのは参考程度にしておき、気になるようであれば直接弁護士や司法書士に相談するのがベストと言えます。

 

関連ページ

債務整理とは?メリットとデメリット
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
任意整理のメリットとデメリット、リスクと危険性
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
債務整理の件数・人数・割合などの統計情報はあるの?
債務整理の件数・人数・割合などの統計情報はあるの?
債務整理のメリット・デメリット
債務整理のメリット・デメリット
債務整理後に借入することは可能か?
債務整理後に借入することは可能か?