債務整理のメリット・デメリット

MENU

債務整理のメリット・デメリット

 

債務整理のメリット・デメリット

借金は自分の返せる範囲でおこなっていれば、当然返済に苦しむこともなくその借りたお金も有益に使っていくことができます

 

きちんと期日までに返済していれば、借り入れ先からの信用も得ることができますので健全な利用を続けていくことが可能になります。

 

ですがやはり無理な借入れをおこなっていきますと当然返済が難しくなってきます。借金を返すためにまた他社から借金をするといった自転車操業のような借り入れを続けていきますといわゆる多重債務者に陥ってしまいます。

 

多重債務者への道は意外と早く、あっという間にその状況になってしまう場合が多いですので、そうなりますと督促との追っかけっこになってしまい、もうどうしようもなくなってしまいます。そうした状況を打破するためにまず考えられるのが債務整理をおこなうことです。

 

債務整理というと多くの人は最初に自己破産を思い浮かべますが、実際にはそれ以外にもいくつかの種類がありますので、その中で自分に合った方法でおこなうのがよいでしょう

 

債務整理をおこなうことで借金が無しになったり減額されたりして、これまでの精神的な不安感や常に督促におびえるような環境から抜け出すことが可能になります。

 

ですので、いつまでも借金に苦しんでいる生活を続けるよりは多くのメリットがあります。過払い金なども請求できます。

 

ですが当然その分のデメリットもあります。一番のデメリットとしては個人信用情報にその債務整理の履歴が残りますので、しばらくは他のローン、例えば住宅ローンやマイカーローンなどを組むことができません

 

また新たにカードローンなども利用できませんしクレジットも使えなくなります。その期間は債務整理の方法にもよりますがだいたい5年から10年ほどになります。

 

メリットだけでなくこうしたデメリットも踏まえたうえで法律の専門家である弁護士や司法書士などに相談して自分に合った方法で債務整理をおこなうのがよいでしょう

 

関連ページ

債務整理とは?メリットとデメリット
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
任意整理のメリットとデメリット、リスクと危険性
借金返済や自己破産の専門で強い弁護士に無料相談をして減額する方法
債務整理の件数・人数・割合などの統計情報はあるの?
債務整理の件数・人数・割合などの統計情報はあるの?
債務整理の目安・タイミングはある?シュミレーションは可能か?
債務整理の目安・タイミングはある?シュミレーションは可能か?
債務整理後に借入することは可能か?
債務整理後に借入することは可能か?