借金返済の専門で優秀な弁護士に無料相談をして減額する方法

MENU

債務整理について記事一覧

法的手段により借金を整理する手続「債務整理」という用語に、法律上の定義は特にありません。弁護士や司法書士に借金の整理を依頼する場合、取り得る法的手段は主に任意整理、特定調停、自己破産、個人再生の4種類がありますが、これらのすべてを指すものとして「債務整理」という用語が用いられることもあれば、もっぱら任意整理を指すものとして「債務整理」という用語が用いられることもあります。広い意味での「債務整理」は...

任意整理のメリット・デメリット任意整理のメリット任意整理は、基本的に東京三会の統一基準に従い、利息制限法に基づく引き直し後の元本残高を、3年間36回の分割払いで返済することになります。任意整理の主なメリットとしては、裁判所の手続きを利用することなく債務の負担を減らすことができるので、手続きの際に裁判所等へ出頭する必要がないこと、依頼者の財産状況等に対する調査は通常行われないので生活に必要な資産等を...

借金のために生活が困難になってしまった人がとりうる手段として、任意整理や個人再生、自己破産などといった、いわゆる債務整理が挙げられます。こうした債務整理について、具体的に全国でどの程度の人々が利用しているのかという、件数・人数・割合などの統計情報があるのかといえば、すべてではないものの、一部に存在しています。任意整理債務整理のなかでも、任意整理とよばれる方法は、基本的には裁判所を通さずに、債権者と...

債務整理の目安・タイミングはある?債務整理をいつ行うべきかということについては特段の規定があるわけでも無く、個々人が自由に必要性を判断して行うかどうか決めるべきものと言えます。ただ目安やタイミングが一切ないのかと言われるとそうでもなく、まず一つの目安になるのが「借金のための返済額が月収の1/3を超えた」という時です。例えば月収が30万円なのであれば毎月10万円を借金の返済に費やすようになったという...

借金は自分の返せる範囲でおこなっていれば、当然返済に苦しむこともなくその借りたお金も有益に使っていくことができます。きちんと期日までに返済していれば、借り入れ先からの信用も得ることができますので健全な利用を続けていくことが可能になります。ですがやはり無理な借入れをおこなっていきますと当然返済が難しくなってきます。借金を返すためにまた他社から借金をするといった自転車操業のような借り入れを続けていきま...

借金の解決方法として有名な手続きとしては、債務整理の方法を挙げることができます。債務整理にはいくつかの手続きがあり、弁護士などの専門家に相談することで、自己破産や任意整理、個人再生などのうちから債務者に適した方法を選択できます。債務整理によって借金問題に悩まされない生活を取り戻すことが可能となりますが、手続きを行った後に再び貸金業者などから借入できるのか気になる人もいるでしょう。一般的に債務整理を...