借金で死にたい!助かる方法。

MENU

借金で死にたい!助かる方法。

借金で死にたい!助かる方法。

借金で死にたい 助かる方法

 

多額の借金を抱えてしまい、ついには「死にたい」と考えてしまうかたは数多くいます。

 

日本では多重債務に苦しみ、精神的に追い詰められて自殺する人毎年何万人もいます。

 

しかし、借金をしても必ず助かる方法はあります

 

あなたが死んだら苦しむ人がいます

多重債務者になると、督促の電話が頻繁にかかってきたり催促の通知がどっさりきてしまい、それだけでもストレスがかかります。頭の中は常に返済のことでいっぱいになり、ついにはうつ状態になってしまう人もいます。

 

・借金が原因でになり、ついには「死にたい」と考えるようになる人もいます。しかし、考えてみてください。

 

もしも妻や夫、両親が連帯保証人になっていたら、あなたが死んでも借金は消えることがないのです。保証人になっていなくても、あなたの子供が負の遺産として借金を相続する可能性もあるのです。

 

・借金のために死ぬのは、あなたの家族に迷惑をかけて自分だけが逃げるのと同じです。死ぬほど苦しいのはわかりますが、死んでまで周囲に迷惑をかけるというのはいかがなものでしょうか?

 

それに、あなたが死ぬことで嘆き悲しむ人が必ず出てきます。死ぬことを考える前に、愛する家族の顔を思い出してみてください

 

お金は道具と割り切りましょう

・お金がなくては人は生きていけません。しかし、お金というのもしょせんは道具なのです。人間生活を便利にするための道具にしか過ぎないお金のために死ぬのは、本末転倒で馬鹿馬鹿しいと思いませんか?人間の命は、道具よりもずっと価値があります

 

・アメリカでは自己破産をしても、やり直しがききます。反面、日本では自殺してしまう人が多いのです。しかし、日本で一番給与の高い会社の「キーエンス」の創始者は、二度も会社を倒産させました。その失敗を糧にして会社を建て直し、今では大富豪になっています

 

債務整理で解決しましょう

・まずは1人で悩むことをやめ、弁護士に相談して債務整理をしましょう。弁護料が払えないとしり込みする人もいますが、債務整理の弁護料はさほど高くはありませんし、分割で支払うのが普通です。

 

債務整理をすると基本的には利子は無くなり、元金だけを数年かけて返済していきます。利子を払いすぎていた場合には、その分が戻ってくることさえあります。

 

・もしも闇金からお金を借りてしまい返済に苦しんでいるのでしたら、闇金問題に詳しい弁護士に相談しましょう。闇金は存在自体が違法なので、法律の専門家の手が入ったと分かった途端、ピタリと催促をやめる場合がほとんどです