家族(夫・妻・親・子)の借金癖を治す方法?

MENU

家族(夫・妻・親・子)の借金癖を治す方法?

家族(夫・妻・親・子)の借金癖を治す方法?

借金癖を治す方法?

家族が借金を繰り返して困っている」―こんな悩みを抱えている人は、数多くいます。

 

はたして家族(夫・妻・親・子)の借金癖を治す方法はあるのでしょうか?

 

 

どんな人に借金癖があるのか

・借金をすることに心理的な抵抗の無い人がいますが、家族が口で注意してもなかなか治るものではありません借金癖のある人は、そもそも悪いことをしているという意識がありません

 

借金で首が回らなくなってからようやく周りに相談して、家族に返済を肩代わりしてもらってもしばらくするとまた同じことを繰り返します

 

借金癖のある人の特徴として、見栄っ張りなことがあげられます。身の丈にあった生活をすることができず、高級品を買ったり自分を大きく見せるために人に奢ったりします。

 

楽天的で大雑把な人も借金をしがちです。お金が足りなくても何とかなるという楽観的な性格の人が、借金地獄に陥りやすいといわれています。また、諦めの悪い人も借金をしがちです。事業などに失敗しても諦めきれずにあがき続け、結果として借入額が膨らんでゆきます

 

 生活を見直させよう

まずは自分の身の丈にあった生活をするように説得しましょう。高級品の購入はやめて、不要なものは売ってしまいましょう。見栄を張るのはやめて、飲み会のお誘いも断るようにしましょう。お金がないのに高級品に身を固めて、お金がある振りをすることのほうがみっともないと自覚させましょう。

 

お金の管理をしっかりしましょう。収入と支出の金額を把握し、家計簿をつけるように勧めましょう。お給料日と支払い日を忘れないようにするのがコツです

 

・お金が足りないからといって、安易に借りることはやめましょう。お金は使える範囲で使うように心がけ、足りないのであればアルバイトを増やすなどして、収入を増やすことを先に考えましょう

 

法律を味方につけましょう

日本貸金業協会に貸付自粛の依頼をしましょう。貸付自粛の制度は、本人または家族の依頼で日本貸金業協会から信用情報機関に登録ができます。登録機関は5年以上になり、一度申し込むと3ヶ月間は撤回できません

 

・弁護士に依頼して債務整理をしましょう。債務者の収入や借入額によって自己破産や任意整理など解決方法は変わりますが、債務整理を行うとブラックリストに載るので融資が受けられなくなります

 

債務整理をすると闇金が融資の勧誘をしてくることがありますが、闇金は違法なので元金自体返済する必要はありません。

 

借金癖のある家族を説得するのは大変ですが、感情的にならずに冷静に話し合いをしましょう。自分たちだけで説得できないと感じたときには、借金問題に詳しい弁護士に相談してみましょう