借金相談、誰に打ち明けるべき?親、夫、妻、家族、友人・・?

MENU

借金相談、誰に打ち明けるべき?親、夫、妻、家族、友人・・?

借金相談、誰に打ち明けるべき?親、夫、妻、家族、友人・・?

借金相談

高額な借金を抱えて、返済が苦しい・・・

 

取立てに怯えて精神的にも追い詰められたとき、周囲の誰に打ち明ければいいでしょうか?

 

親、夫、妻、家族、友人のうち、誰に借金相談するべきかをレクチャーします。

 

家族に打ち明けるべきか?

・借金の返済に困った際に打ち明けるべきは、基本的に金銭的な協力を頼める人です。例えば債務整理など法的な手段をとる場合でも、生活費用を節約して返済に充てるにしても、同居している家族の協力があれば頼もしい事この上ありません。

 

・夫や妻に内緒で借金している人は数多くいますが、借金を知られたら即離婚に繋がるような危うい夫婦関係でないのなら、まずは打ち明けて夫婦で乗り越えたほうがいいでしょう。

 

親に借金相談をするのは、金銭的な援助が見込める場合のみに留めておきましょう。はっきり言うと、お金を出してくれない親なら相談するだけ時間の無駄です。

 

ヘタをすると生活態度に口を出されたり、夫や妻のほうを責められてしまうこともあります。親には金銭の心配をさせないことが、一番の孝行と心得ましょう

 

友人に打ち明けるべきか?

・何でも相談できる生涯の親友を持つのは素晴らしいことです。しかし、借金相談をするのはお勧めしません。相談された友人は「お金を無心されるのでは?」「保証人になって欲しいと言われるのでは?」と疑心暗鬼になるだけです。

 

・飲み食いをした程度の少額の借金ならばともかく、金融会社からの借入の話友人には黙っておいたほうがいいでしょう。もし相談しても断られて、気まずさから疎遠になってしまうこともあります。

 

借金相談は基本的に同居の家族までに留めておき、人間関係が破綻しそうな人には言わないでおくのがよいでしょう

 

借金の専門家に相談しましょう

・家族に借金を打ち明けたら離婚絶縁の可能性が高いようなときには、家族に相談するよりも先に法律の専門家に相談したほうがよいでしょう。

 

・弁護士や司法書士などの専門家に相談すると、高額な依頼料を請求されると思っているかたもいらっしゃるでしょう。しかし、数百万円の借金を抱えて苦しんでいる人でも、弁護士に依頼すればその借金が大幅に減ったり場合によっては帳消しになるのです。

 

・借金問題の弁護料はせいぜい20~30万円ですし、分割にも応じてくれます。どこでも最初はインターネットやフリーダイヤルの電話で、無料相談ができます。1人で抱え込んでいるよりも、信頼できる弁護士や司法書士を頼ってみましょう