借金相談弁護士

MENU

借金返済や自己破産の賢い方法とお薦めの弁護士

借金返済が苦しくなったとき、どうすればいい?

借金返済や自己破産

借金はしないで済めばそれに越したことはありませんが、実際には様々な事情により、

 

借金の額が増えすぎて返済が追い付かないといった悩みを抱えてしまう人が沢山います

 

金利の高い消費者向けのローンで多額の借金を抱えてしまった場合、金融機関のおまとめローンで金利負担を減らすなどの手段により問題を解決できることもありますが、

 

その程度の手段では解決できないほど多額の借金を抱えてしまったときには、法的な解決手段も検討する必要があります。

 

このサイトでは借金返済、自己破産をなるべくリスク無く簡単に出来る方法を紹介
すると共にこの分野でおすすめの弁護士や法律事務所をご紹介します

 

 

借金問題の解決手段

 

借金問題の法的な解決手段には、
主に任意整理(債務整理)、特定調停、自己破産、個人再生があります。

 

(1)任意整理

弁護士や司法書士に債務の整理を依頼し、業者と交渉してもらう方法です。

 

消費者金融や信販系などの業者が相手の場合、将来の利息返済を免除してもらい、元金残額を3年間程度で分割返済するというのが業界の慣行となっており、そのような和解案なら業者も受け入れてくれる可能性が高いです。

 

(2)特定調停

簡易裁判所の特定調停手続きを利用し、裁判所を通じて業者と交渉する方法です。

 

和解案の相場は任意整理とほぼ同程度ですが、弁護士や司法書士を代理人に立てなくても業者と交渉できるというメリットがあります。

 

(3)自己破産

裁判所に破産手続開始の申立てをする方法です。

 

破産手続きでは、生活上最低限必要な財産を除く破産者の全財産を処分して債権者に配当し、それでも返済できない債務について、破産者の免責が許可されれば残債務全額の返済義務が免除されるという、最も強力な解決手段です。

 

その代わり、自己破産すると一定期間、一定の職業(保険外交員、宅建業者、警備員など)に就けないといったデメリットがありますが、そのデメリットは世間一般でイメージされているほど大きなものではありません。

 

(4)個人再生

民事再生法に基づく手続きを利用する方法で、個人債務者の場合は小規模個人再生を利用するのが一般的です。

 

例えば、500万円の借金がある場合、高額の財産が特に無ければ、100万円を3年間で分割返済することで残りの債務を免除してもらうことができます。様々な事情により自己破産ができない、自己破産したくないという場合には、個人再生も検討に値するでしょう。

 

 

一人で悩むよりは法律事務所(弁護士)へ相談を 

借金返済や自己破産

これらの法的な解決手段を採った場合、一定期間クレジットカードが利用できなくなるなどのデメリットもありますが、

 

世の中には借金問題を自分だけで抱え込んだ結果、自殺や犯罪などで自らの破滅を招いてしまう人も少なくありません。

 

自力での返済にこだわりそのような結果を招くよりは、早めに法律事務所などへ相談に行き、法的な解決手段により早期の生活再建を図るのが、借金返済の賢い方法であると言ってよいでしょう

 

 

レスタ法律事務所

RESTA法律事務所の特徴

数多くある弁護士事務所の中でも、東京に本社事務所を置いて”借金問題”や”闇金問題”を専門に取扱う弁護士事務所です。独自のネットワークで全国からの相談に対応してくれる頼もしい法律事務所です。

価格 相談無料円
評価 評価5
備考 とにかく一番先に連絡をすべき弁護士事務所です!
RESTA法律事務所の総評

借金の相談は無料で、無料でも具体的に色々な提案をしてくます。その時点でも依頼する必要はなく比較検討した後に依頼をしても構いません。また問い合わせをしてからの反応が早いのも特徴なので、借金について少しでも疑問等があればまずは問い合わせしてみて下さい

サルート法律事務所

サルート法律事務所の特徴

借金問題、自己破産、債務整理などの分野で39年の実績がある弁護士が対応してくれます。家族や会社にばれたくない・内緒で対応したいという人に色々な手段を教えてくれます。

価格 相談無料円
評価 評価4.5
備考 弁護士歴39年のベテランが対応してくれます
サルート法律事務所の総評

相談は無料です。借金の催促などを早く止めたい場合はネットからの申し込み後に電話で直接連絡するのがお薦めです。とにかく色々なケースへの対応実績があるので、一度は問合せしてみてください

樋口法律事務所口コミ

樋口法律事務所の特徴

比較的若い弁護士の方が多く女性弁護士もいるため、借金に悩む女性の人に人気の事務所です。1ヶ月に受ける相談の数が最近非常に多くどんどん実績をつけています。

価格 相談無料円
評価 評価5
備考 女性の方で借金相談したい人におすすめ!
樋口法律事務所の総評

事務所は東京ですが相談には全国対応です。色々な弁護士の方いるので自分に合わないと思ったら他の弁護士の方に話がしたいとお願いしてみましょう。債務整理、借金問題では色々な弁護士に合うのが一番良い方法です

 

 

 

 

借金問題におすすめの弁護士事務所の見つける方法

借金返済や自己破産

まず必要なのは「先入観で判断しないこと」です

 

弁護士の激増に伴い、弁護士費用の相場は従来に比べ安くなった一方、依頼者を食い物にする悪質な弁護士信頼できない弁護士も増えています。

 

特に、借金問題で弁護士を選ぶ際には、次のような先入観で判断しないようにすることが大切です

 

× ネット上の口コミ情報で評判が良い事務所だから安心だ。

 → 法律事務所の口コミ情報については、今やサクラを使うのが常識となっています。

 

× ホームページが立派な事務所だから安心だ。

 → 実際には、事件屋と提携している悪質な弁護士ほど、専門の業者に頼んで見栄えの良いホームページを作る傾向があるとも言われています。

 

× テレビに出演している弁護士の事務所だから安心だ。

 → 最近は、問題のある事件処理を行い、所属弁護士会で懲戒請求を受けているような弁護士が平然とテレビ出演している例もあります。

 

× 相場より料金の高い事務所だから安心だ。

 → 最近は、「安かろう悪かろう」という消費者心理を逆手にとって、わざと高額の料金を設定する法律事務所もあります。そのほとんどは、高級ブランドと言えるほどの実質が伴っておらず、単なるぼったくりです

 

× 事務所の建物や弁護士の服装が立派だから安心だ。

 → 近年は、どの法律事務所も経営難に陥っており、立派な事務所を構えているけど実態は破綻寸前という法律事務所も、残念ながら少なくありません。

 

 

では、どうしたら良い弁護士に会えるの?賢い弁護士選びのポイント

借金返済や自己破産

先入観で弁護士で判断してはいけないのは分かったけど、それでは結局何を基準に弁護士を選べばよいの?と思われたと思います。

 

一般の市民が借金問題に関し信頼できる弁護士を探すには、やはり自分の目で判断することが重要なのです

 

当サイトで紹介している法律事務所や、最寄りの弁護士事務所に、少なくとも3件くらいは実際に相談へ行き、比較検討してみる必要があります。

 

ここで、賢い弁護士選びのポイントを説明します!

 

(1)法的手段のメリットだけでなく、デメリットも説明してくれること

素人感覚で判断すると、自分にとって良い結果となるような説明をしてくれる弁護士を選んでしまいがちですが、法的手段にはそれぞれメリットもあればデメリットもあります。

 

依頼者にとってメリットになることしか説明しない弁護士は悪徳弁護士である可能性が高いので、きちんとデメリットも説明してくれる弁護士を選ぶ必要があります

 

(2)個人再生手続についても丁寧に説明してくれること

個人再生手続は、借金整理の中では複雑かつ難解な手続きであり、事件としての採算性も低いので、
個人再生事件の受任を嫌がる弁護士や、そもそも個人再生をよく知らない弁護士も少なくありません。

 

そのような個人再生手続についても丁寧に説明してくれる弁護士であれば、能力的にも倫理的にも信頼できる人物である可能性が高いでしょう。

 

弁護士賠償責任保険の加入も要チェック

弁護士選びは、弁護士と依頼者の個人的な相性なども関係してくることから、結局は実際に弁護士と面談して自分の目で判断するしかありません。他人から「おすすめ」と言われただけでそれを鵜呑みにするような消費者は、悪徳弁護士の餌食にされるだけです

 

ただ、自分の目で「この人は信頼できそうだ」と思える弁護士が見付かった場合でも、その弁護士が弁護士損害賠償責任保険に加入しているかどうかは、きちんと確認しておく必要があります。

 

弁護士損害賠償責任保険は、弁護士が弁護過誤などによって依頼者に経済的損害を与えた場合に、弁護士の賠償責任をカバーするものです。現行法では、弁護士の保険加入は任意であるため、保険に加入している弁護士と加入していない弁護士がいます。

 

もっとも、弁護士の故意による行為は免責の対象なので、例えば経営難の弁護士が依頼者からの預り金を持ち逃げしてしまったような場合には保険でも填補されないなど一定の限界はありますが、少なくとも保険に加入している弁護士の方が、加入していない弁護士よりは信頼できると言えるでしょう

 

借金相談におすすめの人は弁護士以外で、、

借金返済や自己破産

少額の借金であれば何も問題ありません。今までの稼ぎでどうとでもなるでしょう。

 

問題は自分一人では支払いきれない多額の借金です

 

そもそも、それだけの借金をどのようにしたのかという話ですが、そうなる経緯は幾らでも想像することができます。

 

やはり、借金をすると心細くなりますからね。誰かしら相談すると良いでしょう。ですので、ここでは借金の相談を誰にしたら良いのかということについて説明したいと思います

 

<親に相談した場合>

誰よりも親しく心の内を吐露できるのは、やはり友人や恋人よりも両親でしょう。しかし、本当に親に借金の相談をしても良いものでしょうか。その点について簡単に紹介していきます

 

まず、親に借金の相談をした場合。裕福であったり心優しい親であるなら、借金の相談をした時にいくらか支援してくれるでしょう。そうすれば借金の返済が楽になりますよね。そもそも、借金の相談をする以上そういった面があるのは間違いないと思います。

 

ですので、親に相談するか否かを考えるのでしたら、親が裕福なのか心優しい人なのかを思い出す必要があります。言い方は悪いですが、お金を貸してくれないのでしたら親に相談する意味はありませんよね。

 

むしろ、借金について色々と文句を言われて、ただでさえ追い込まれているのに更に追い込みをかけられるかもしれません。場合によっては親子関係が最悪なまでに破綻する恐れがあります。ですので、お金を貸してくれるかどうかを基準で考える必要があります

 

<友人に相談した場合>

すくなからず友人はいるでしょうし、場合によっては親よりも相談しやすい親友というものがいる方にはいるのかもしれません。しかし、仮に親友がいたとしても借金の相談だけは止めておいた方がいいでしょう。その理由は言うまでもなく、お金が絡んでいるからです。

 

親と異なる点は、親友であろうと他人だという点です。どれだけ親しかろうとほんの些細なことでその関係は揺らぎ兼ねません。そんな状態のところにお金が絡むことを持ち込むとどうでしょう。本当に良い人はお金を貸してくれるかもしれません。

 

しかし、そのことにお金を借りた人間は感謝しつつ負い目を感じるでしょう。そのあとの関係に何らかの悪影響を及ぼすことは考えるまでもありません。

 

人によっては友人にお金を借りに来た最低な人間として認識されるかもしれません。そうなってからでは手遅れですので友人に相談するのだけは止めておきましょう

 

<一番はここ!>

では、誰に相談するのか。建設的で理想的な相談相手は、やはり弁護士などの専門家でしょう。専門家である以上、借金の話をしても問題ありません。

 

なによりも弁護士には問題を解決する手立てがありますよね。ですから、誰とも仲違いをせずに借金を返済したいのでしたら弁護士などの専門家に相談することをお勧めします

 

 

家族に借金癖の人はいますか?

借金返済や自己破産

家族に借金癖があると最悪ですよね。例えば子供が借金ではないがリボ払いを勝手にしている。

 

この場合は借金ではありませんが、お金を勝手に借りているという点では違いがありませんよね。

 

しかも、そのカードが親のものなのですから最悪というしかありません

 

例えば妻が私利私欲のためにお金を借りている。そういったことを自業自得と割り切って無視できるのであれば良いのですが、やはり一緒に暮らしている以上は無視などできませんよね。このように家族の借金癖とは非常に面倒臭いものです。

 

だからこそ、その借金癖を何とかできないものかと悩みます。ですので、ここでは家族の借金癖を治す方法について説明したいと思います

 

<それは本当に借金癖なの?>

本当に借金癖であれば治すだけです。いい迷惑ですからね。しかし、借金の明細を見てみると私利私欲とは思えないものがあります。例えば子供の学費のローンであったり、その他の生活に必要なものを買うための借金であったり、そのように生活のためにやむおえず借金をする人は少なからずいます

 

もし、家族が様々な借金をしている場合はそこのところをハッキリさせる必要があります。それでもし生活費とは関係ない趣味に関する借金だった場合は徹底的にやる必要があるでしょうが、もし生活費のためだったら厳しくするのはあまりにも残酷な行いでしょう。できることであれば支援をオススメします。

 

<借金癖ならば>

借金癖であるなら、どのような理由で借金をしているのかを把握する必要があります。例えばギャンブルが好きだから、そのためのお金を借りている場合。

 

この場合は難しいですが、ギャンブルという趣味を別のものに変える必要があります。そうしないと永遠に借金し続けるでしょう

 

その他にも、何かしら欲しいものがあるから借金をしている場合。この場合は嫌でしょうがそれ以上の借金をしないためにも月に幾らかのお小遣いをあげることをオススメします。

 

お小遣いをあげる側からすれば何のメリットもありませんが、多額の借金をしてからでは手遅れですので出来る範囲であえて支援をすることをオススメします。そうすれば借金をする必要がなくなりますからね。

 

あとはひたすら説得です。何が何でも辞めてほしいという気持ちを前面に出して、断固たる想いとともに立ち向かいましょう

 

<何はともあれ>

とはいえ、です。借金癖を治す前に借金を返済しなければなりません。もし、借金の名義が借金した本人であれば弁護士を頼ることをオススメします。

 

その最大の理由は、弁護士に頼った借金の返済方法は債務整理などになるのですが、そういったことを行うと今後数年はブラックリストに載り借金ができなくなります。つまり何が言いたいのかというと、強制的に借金ができない状況に持っていくことができるのです。

 

ですので、説得が無理だと分かった場合は弁護士にそういった旨を説明すると良いかもしれませんね。